福祉と企業

昨今、働き方についての検討がすすんでいます、私は、働くことは人が日々を生きるための大切な行いであるとの思いで、40数年仕事をしてきました。若い頃は帰り際に上司から明朝の会議で使う資料作りを命令されたことも多々あり、それが苦痛でなく評価の機会をいただけたとの思いがありました。このところの議論は随分変わり、以前のように時間をいとわないで猛烈な働き方を支持することは少なくなり、プライベートとのバランスやダブルワークなど多様な生き方、働き方も増えてきました。
私が最初に就職した企業は年功序列、終身雇用の典型的な日本型経営スタイルでしたので、全員が新卒であり独自の企業文化が作られており、安定と共に安心して働くことができる環境でした。その頃の給与明細書には、基本給にプラスして交通費、家族手当、住宅手当、資格手当など幾多の手当てが付いており、夏冬の賞与もありました。その当時は手当や賞与があることを疑問に感じることもなく当然との思いもありましたが、外国人スタッフから自国では、職務を達成するために年収契約をしているので「手当や賞与」などはなく、それらが日本独自の制度であることを知りました。
日本企業が「手当や賞与」を支払う理由を想像してみると「従業員に対する配慮や家族意識」が根底にあると思います。例えば、夏冬の賞与の時期はお盆や正月休みで帰省するのでお土産や旅費の補填であり、通勤手当は工場などに労働者を安定して雇い入れる目的、家族手当は30から40代に家族の生活や教育費が増えることの対応であるとすると、これらが福祉的制度であると考えることもできます。働き方が検討される過程で効率論が優先することで、労使関係のよき企業文化が削がれてくることが懸念されることになります。
一方、同じ時代の日本の福祉制度ですが、ようやく戦後にはじまり、老人介護制度や障害者支援制度の実施はさらに遅れました。今後、企業が福祉的な制度を削減するようになれば、従業員の安心や安全に大きく影響することになります。働く人たちが働き方の多様性を得る反面、労使の関係性が希薄になることのデメリットがあることも認識しておく必要があります。
データによると世帯別の人数は2.47人まで下がりますます核家族化が進み、共働き世帯は1129万世帯でこの15年で18%以上増え、福祉予算である社会保障費のGDP比も22.9%まで急上昇しています。
「福祉」は私たちが生きるための安心、安全の基盤であり、家族や地域がこれを支えているのですが、これが生産人口の労働化が加速されることで、誰が家族を看るのか、子どもを育てるのは誰かについても注視しておく必要を感じています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

この時期の福祉

大寒、最高に寒いですね、野菜は完全に凍っていますので、これが繰り返されると徐々に枯れていきます、春には鳥にも分けることができないほど我が家の野菜不足が深刻になります。
昨日、雪を心配しながら静岡県湖西市にお伺いしました。静岡県中小企業団体中央会 西部事務所主催の「誰もが活躍できる社会を目指して」~障害者が働きやすい仕組みづくりのためのセミナー~湖西市商工会の会場で開催された講座で少し話をさせていただきました。主に地域の中小企業の方が20名ほどお越しになり、異業種が参加した福祉型事業協同組合「あたつく組合」の設立から事業内容、課題や今後の取組などになりました。湖西市は浜名湖の西部に位置し大手自動車関連企業が多くある地域で産業の活性とエネルギーが集積した地域になります。これから中央会様が主に、元気な中小企業や福祉が連携することで新しい産業を生み出す可能性を感じることもできました。
この時期は「福祉」では年度の総括と次年度の計画づくりをすることになっています。ぷろぼのでも定期的な会議に加えて拡大戦略会議を開催し各事業の担当者が一同に集まって意見交換をします。現状の認識について意見を述べ、他の部署から客観的な感想や提案をもらうことになります。数回の会議を重ねて3月下旬には大筋の計画書と予算書が作成されます。福祉活動は日々の積む重ねが少しの成果を確認できるほど根気のいる仕事なので、どうしても数字で示すことが難しいことや一面的な理論や方策では定義できないこともありますので、それらを理念や思いとしてまとめることになります。
テーマは「育てる福祉」を実現するための事業の充実化になります。近年、福祉もサービス事業に位置づけられたことで、事業や活動の見える化が求められ、一般企業への就職者数や働く障害者の給与や工賃額及び訓練や支援の成果や評価についても提示が求められます。福祉の取組について段階を追って資料としてまとめることの大切さも感じていますので、ぷろぼのは日々の訓練の成果や課題などを詳細に記録する取組をすでに5年ほど行っています。これも大切なノウハウになりますので今後の支援に役立てていくことにしています。
これからは福祉が地域の基盤としての役割を担うことになりますので、受け身の取組からポジティブ福祉へと転換し、わかりやすく、期待される存在になれるように進めていきます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

これからの福祉

今年もよろしくお願いします。
元日は天気も良く奈良はとても穏やかな正月でした、我が家の恒例・・になったようで妻と奈良のホテルにおいしいコーヒーをいただきに行きました。午前中はさすがに観光客も少なく、興福寺の五重塔を眺めながら一年の始まりの時を楽しみました。
4日から、ぷろぼのも初仕事になりますが、相も変わらずはばたばたと仕事が始まりました。昨年は年頭にロボットの活用を目標にしましたが、幸いにもソフトバンク社様からPepperを10台貸与いただくことになり、担当部署で活用法を具体的に検討し、いくつかのお仕事もいただけるようになりました。今年はAIを意識して、IT+ロボット+畑仕事+奈良のPR・・などで盛り沢山になりそうです。
それにしても野菜が高いですね、奈良でも白菜が1/4で200円、大根が250円になり、冬の味覚の鍋料理が贅沢になっています。私の畑でも白菜が巻かなくて小さいままなので年末に急いで上部を縛りましたがそれでも効果はぼちぼちです。長雨と日照不足、自然の力にはかないません、太陽の強い光がないと野菜は育たないことを改めて感じています。
今年の日本の「福祉」の行方について、元旦Eテレ特番で若手の論客が熱い議論をしてくれました、毎年のことですが深夜の眠気を我慢しつつ観ていましたが、的確な指摘に感激するばかりで、大きな力に誘導されることもなく、正確に世界の情勢と日本の立場を把握した意見が多く、経済成長と働き方から生じる社会の在り方、階層的な役割、安心できる福祉の存在意義などを包括し、社会と人との関わり方までも具体的な提示がありました。
私は今年で70才になるので、未来と言っても10年ほどなのですが、若い方は50年以上の未来を見据えていることに期待が膨らみます。民間企業から福祉業界に来て12年になりますが、自動車に例えれば、性能の良い自動車、ハイブリッドや電気自動車が企業であり、それが走る道路や橋が「福祉」になります。よい道路があるからこそ自動車の性能を引き出すことができる、これを大切にして両輪の関係を深めたいと考えています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉の命題

このところ大学生と「福祉」や「地域」について話す機会が増えてきました。「福祉」から受ける印象について質問するのですが、毎回”福祉は老人を介護するお仕事“であるとの返答が大半になりますので、それを少し考えてみることにしました。
老人介護保険制度は病気やけがで日常の生活に不自由が生じて、専門相談員から要介護認定をされた方が支援を受けることができるようになっています。これは平成12年(2000年)に制定されましたが、その背景になる理由は、①高齢化による平均寿命が80歳以上に伸びたこと、②一世帯の家族の人数が平均で2.5人になり核家族化が進んでいること、③男女共働き世帯が増えて介護する人がいなくなったことなどがあります。
私の若い頃、昭和40年の世帯人数を調べてみると約4人いましたが、現在は2.5人になっており、50年で1.5人少なくなったことになります。また5人以上の多人数世帯が急激に減少していることもあり、核家族化政策が始まった時代ともいえます。その頃のニュースでは、団地で家電製品をそろえた新婚家庭がもてはやされ、TVドラマでは嫁姑の確執を扱った番組が増え、二世帯同居は苦痛であるとの印象を与えることにもなりました。
政策面では、内需拡大の経済政策を優先したことで、核家族が住宅や家電製品などを購入し売上が伸び、インフラ整備が加速されて高度経済成長期になりました。働き方も会社員が希望され、長距離通勤や残業が日常化し転勤族も増えました。半面、家長制度が希薄になり、地域の祭りや風俗が継承されなくなり、また大規模小売店法の緩和でスーパーマーケットが乱立し、地域の商店や市場が閉鎖に追い込まれ自治会が弱体化することになりました。これらの地域の生活インフラを構成していた文化や資源などの地域力が衰退したことが、結果として少子化を助長し、老人介護や待機児童の問題として顕在化することになってきたと考えられます。このようなことから、老人介護などがいつしか産業になり、「福祉」を総称することになったようです。
次年度の国家予算の社会保障関連は32兆円規模に膨らみ、医療や教育、福祉などに使われることになるのですが、この額がほぼ国債に依存する借金になります。経済成長は社会の重要な政策なのですが、同時にそれを下支えする地域力(社会保障)を維持する費用負担も必要になります。少し以前の日本では小規模予算で賄っていたはずの地域力が経済優先政策を急いだ結果、高い金額を費やすることになったことを知ることも「新しい福祉」づくりには大切なことになります。
老人も子どもも障害者も、そうでない誰もが住み慣れた地域で安心して生きていくことができる国及び地域づくりに取り組むことが、これからの「福祉」の命題だと考えています。
今年もお読みいただきありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉を考える

春日大社の若宮おん祭りが始まると奈良も師走になります、今年も障害者福祉の就労支援の現場で感じたことを月2回のペースで掲載を続けています。一年を振り返ると例年と同様にあわただしく過ぎたことを感じるのみです。
今年は「福祉」についてその意義を改めて考えてみることを課題にしました。12年前に「福祉」の業界に参加して当初は大きな違和感があることを感じていました、「福祉」で働いている職員も利用されている障害がある方も下を向き、まるでプライドが見受けられない状態でした。職員は他に良い職場がないので仕方なく「福祉」で働いている、また障害のある方も本意ではないが「福祉」を利用している、このように誰もが消極的な参加であるとの印象でした。
そのために設立当初の法人のテーマを“プライドのある自立を目指して・・”にしました。そのころの奈良の福祉の就労支援は、知的障害者のための施設が大半で、郊外に位置し、パンやクッキーを作る簡単な作業をしていました。施設長にお聞きしても一日に生産する個数や品質の目標もなく、また誰に売るか、どこでどのように販売するのかなどの計画もない状況でした。給与は一律3,000円/月であることに驚き、また「授産」という言葉、障害者を他より隔離された環境において一般雇用以外で働く場を提供するものとの意味ですが、初めて知った場でもあり、それがなんともむなしく感じたときでした。
障害者自立支援法ができ、「授産」から「主体的に働き自立する」方針に代わり、10年を経て奈良でも働いて自立することが徐々に浸透し始めてきたと感じています。隔離された職場から皆さんと同じ街中の職場で役割を得て働くことが般化されてきたのです。障害者福祉の就労支援が認知されはじめたことで、今まで働きたいと思っていた障害者が思いを素直に話される場面が増えてきました。社会の許容が広がると個人の忍耐が和らぐことになる現場に立ち会うことになりました。
この潮流は、障害者だけでなく職員も同様に「福祉」業務への思いが高まることにもなりました、当初に作った“プライドのある自立・・”は障害者だけでなく職員にも、関係者にも広がっていることを感じています。今年も多くの方が福祉の就労支援の訓練を経て就職していきましたが、それは皆さんの共通の喜びになってきました。「福祉」は人が生きる力を育成する役割を担っていることを実感することにもなりました。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment