偏見と普通

4年前に神奈川県相模原市にある知的障害者の入所施設「津久井やまゆり園」で元職員による大量殺傷事件がありました。重度の障害で日常生活に困難さがある人たちが主に被害を受けました。犯人は逮捕され判決が確定しましたが、なぜ彼がこのような事件を起こしたのかが不可解でなりません。報道では、重度障害者は生産活動ができないので社会の役に立たない存在だと断定した供述があったとのことです。反面、被害にあわれたご家族は、大切な子や兄弟を失い悲しみの気持ちを伝えていました。
社会で生きることの権利は個人にあり、それを誰も阻害してはいけないことは周知のことですが、現代では考え方が多様になり、そこから生きることの意義や価値につなげることは自由に発想できますが、偏った思考からそれを行為として実行した時点で多くの犠牲が生じることになります。考え方や価値観の違いがあっても、行為に走ることを踏みとどまることが、社会で生きることの最低条件になります。
人は長い歴史から議論を重ねて多くのルールをつくり、それが守られることで社会の秩序が保たれることを知り、理解することになりました。民主主義の時代になり、個人の権利が明確になると、私たちはようやく自由に考え、行動できる社会を作り上げてきました。多くの法律や制度は国民の賛同を得て作られ、多少の異論があっても、それを順守することを大切にし、そのような人を「普通の人」と表現してきました。それがいつしか、考え方が違う人を「普通でない人」として作り出し、壁を作り、さらに考え方だけでなく、身体や精神上の違いにも発展して、それが障害などでバランスよく活動できない人たちに向けられるようになりました。
今の時代も、まだまだ最大多数の最大利益を主張される方は多くおられますので、「普通」な人の集団からこぼれ落ちた「普通」じゃない人が、ダイバーシティの考え方を主張しても、簡単には理解され広がっていきません。これから社会が成熟するためには、「普通」の領域を広げることにあると思います。優位で特別な存在である人と共に、障害のある方も含めて、みんなが「普通」であるとの考え方を基本にできる新たな社会を目指したいものです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

現実領域

今、現実に起きていることを私たちは事実、リアルな現象としてとらえています。この時間、この場所の事実を受け止めて、それが過ぎ去ると「過去」のこととして記録して、記憶にとどめておきます。この繰り返しが世の中であり、生きていることになります。
一方、ネットワークでSNSの活用が増えてくると、現実のこととは別に、そうかもしれないと想像する世界が生まれてきます。リアルにたいしてバーチャルvirtualと表現され、仮想と訳されています。Virtualの本来の意味は事実的な、実質的な、実際の、訳であり、仮想として、現実とは違う仮の現象を表す言葉として使われ、少し違った意味を持つようにも思えます。この事実的な意味を現実に置き換えてみると、例えば、旅行で楽しい時間を過ごすことを想像すると、これまでの旅行体験から理想とする旅行の過ごし方がつくられてきます。それを理想として徐々にその人の旅行のスタイルがつくられ、いつしかそれが現実にそのような旅行をしていないのに、理想とする旅行になり、事実として記憶されるとの見解があります。これは人の記憶が時間と共にいくつか希望するものに引き寄せられて、自然に理想化されそれが事実的になるようです。
障害福祉の就労支援の分野でも、現実の訓練から学ぶことを蓄積して、それらから徐々にその人にとって分かりやすい事や興味深いこととして、ストーリー化してまとめていく支援があります。よく初級から中級、上級へとステップアップする手順と似ているのですが、最後の取りまとめの段階で目標とする基準を想定し、それを想像しておくことで、上級コースを修了した時点で、それ以降の訓練を受けていなくても理想とする訓練成果を具体的に広げることが自然にできるようになります。
現在の技術では、その理想とする目標をVR「仮想現実」としてビジュアル化することができるようになり、それをヘッドマウントディスプレイで3次元の仮想空間で動きを実感することができるようになりました。ゲームのように現実の世界とかけ離れた空間であれば、現実とは違うものと認識しますが、それが現実のものと類似していると、現実のように記憶されます。これから障害福祉の分野でもすべてのことをリアルに体験しなくても、それを集約したものを事実的な現実として体験することで、急速に経験から学び成長を促すVRによる支援ができるようになります。まだまだコンテンツや評価等について医学的に検証が必要なこともありますが、総合的に可能性を追求することになります。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

自己意識

新型コロナの緊急事態宣言が解消され、関西では新規の感染者数が減少したことで、週末の奈良公園の観光客は増えています。一方、東京エリアは日々50人を超える感染者が出て第2波への警戒が必要になっています。今後は、ビジネスや観光などで広域の移動も増え、新幹線などの公共交通機関の利用者数も徐々に戻りはじめています。
この度、私たちは新型コロナの影響を初めて経験し、今までの病気と違い、感染しても無症状の方がいることや重篤になり死亡される方もおられることを知りました。検査方法はPCRになり、当初は喉の奥の検体を採取することになっていましたが、初期段階では舌表面の唾液でも十分な精度を確保できるとのことです。また医療についても、当初は75℃以上の発熱が4日以上継続した方として、その間は自宅で待機することを言われましたが、感染度合いから感染初期の1週間が最も危険があり、その後は感染率が低下するとの見解になりました。
現代の科学ではすぐに解明できないことや対処が難しい事案が生じると、このように国全体が右往左往する事態が常態化し、生命の危険や経済的な不安を感じながら日常生活を過ごすことになります。多くの国民は行政の方針を待ち、それに従って行動しますが、方針は日常生活の詳細な部分を盛り込んだ内容にはなりませんので、私たちはその都度、方針の意図を理解し、個別の項目についてそれなりの判断ができる準備が必要になります。
制限解除の方針では、広域移動や接待を伴う場所、また大きな歌声でカラオケする場合は、ソーシャル・ディスタンスで2mの間隔をとって対応すること、それに加えてマスクを着用しアルコール消毒を念入りにすることや健康に留意して免疫力を高めることなども示されました。私たちがこの方針内容をどの程度受け止めて実行するかによって成果は確実に違ってきます。
私たちはウィルスや感染症について、都度、これまでの知識や経験と関連させて個々に判断し行動します。しかし専門家でないものにとっては大変難しい判断を迫られる場合もあります。そのために日頃から、身近なことを自己判断する意識を持って、練習しておくことも大切になります。“自分のことは自分で守る”、この基本を改めて考える機会になりました。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

新・価値

6月上旬に奈良では例年と同じように田植えがはじまります。冬に数回土お越しをした田んぼに近くの溜池から水が注ぎこまれます。最近は機械で田植えをするので事前に田んぼの土をフラットにして、苗が水から均等に頭を出せるように植えていきます。1反ほどの田植えが準備も含めて3時間ほどで終わります。私は20年前から市民農園をお借りしているので、休憩がてらに田植えを眺めるのが楽しみになります。それにしても周りの田んぼの持ち主はそれぞれに最新の田植え機を持っており、以前のような歩行型でなく、乗用型でしかも一度に多くの苗を植えることができるものも登場しています。
1年にたった一度のために数百万もする高価な農機具が各農家にあることの不思議さを感じることもあります。誰かに田植え機を一日借りるなり、また依頼することにすれば支払いが緩和され、収穫したお米の価値も高くなると思うこともあります。農家に聞いてみると、なんとなく自分の都合で自分に合ったものを使いたいとの思いが伝わります。農業分野では水源や水路の管理を共有する協働・シェアー概念があるのですが、補助金が付いたものにはその思いが広がらないのかもしれません。
障害福祉分野は本来地域の福祉インフラとして、共同、協働の思いが強くあるのですが、総合支援法の施行依頼、営利企業の算入を許可したことに加えて、支援に対しても成果が数値で分かる内容になりましたので、地域全体の成果よりも、個別の事業所を重視する傾向になり、徐々に営利企業の成果主義が主流になってきました。従来の福祉に経営手法を取り入れることは大切なことなのですが、本来の役割である社会福祉に貢献することも重視する必要を感じています。
ものを所有することの価値観にも大きな変化が生まれています。私の青春時代は、人気の自家用車を持ち、ブランドのスーツを着て、スイス製の腕時計に、芳醇なブランデー・・など、まるでテレビドラマに登場するような「もの」にあこがれがありました。休日は750ccのバイクでツーリングも快適でしたが、現在はバイク業界が低迷し、自動車の所有も少なくなり、廉価なスーツにスポーツタイプの時計で十分、「もの」よりも友人や仲間との時間を重視する傾向が高くなり、通信費、飲食代、遊興費が多くなったようです。
持ち物で自己を表現するよりも、誰となにをして楽しんだか、人間関係と時間の使い方に価値を置くようになることで、企業は大変ですが、いい時代になったとも思えます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

未来の保証

新型コロナの感染拡大がようやく一段落し、奈良でも新規の感染者が少なくなってきました。専門家によると第2波の感染拡大が予測されるので、まだまだ警戒が必要とのことです。世界では日本の対策がPCRの検査数も少なく、また感染者や死者数の比率もすくないことを不思議であるとの論評もでていて、その理由としては、衛生観念が強い生活習慣が大きく寄与したと言われています。
なぜ日本ではパンデミックの状況で安定した生活習慣を実施することができたのかについては、外国の方にとっては不思議なことだと思います。自粛要請が発令されても諸外国のように罰則規定として違反すると罰金や逮捕されることもなく、日本ではあくまでも自主要請なのでロックアウトや処罰はありません。ただ、この期間に不要不急でない外出をされる方には、他の方から“なぜ”と思われることがあるだけです。
当初、感染リスクは高齢者や基礎疾患があり、免疫力が低い方で、感染すると重症化する傾向があるとの発表でしたが、新型コロナが遺伝子変異する可能性や若者も感染すること、特に有名人の死去が大きく報道されて、ようやく全世代にこの病気の恐ろしさを知らしめることになったと思います。検査を受けることに基準がつくられ、誰もが自由に簡便に受診できなくなったことや治療薬がないことも不安を広げることになりました。
今後、ワクチンがつくられ、治療薬が開発されることになれば、新型コロナも他の病気と同様に感染の怖さは残りますが、治療により回復の可能性が高くなり、死の恐怖から解放されることになります。時折、専門家が普通の病気になり、人類はCOVID-19と共存する時期がくるとの説明がありますが、これが安心につながっていくと思います。
私たちは、新型コロナ騒動から日常生活や職場でも、安心材料として、未来の保証が必要であることを再認識したと思います。病気には治療薬があること、生活では災害や事故の不安が少ないこと、経済的にはセーフティネットや年金が確実に受給できること、仕事では希望すれば定年まで働くことができること、これらの「保証」があれば、不安が少なくなり安心して暮らすことができ、未来への希望を持つことができます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment