福祉と距離感

福祉の始まりは奈良ですが、本格的に福祉制度が制定されたのは戦後になります。敗戦の疲弊から経済的に困窮する人が増えたことで生活保護制度が設けられ、傷ついた方に向けて身体障害者福祉が始まり、その後、老人介護や知的障害、精神障害者の支援制度がつくられてきました。
職員(支援者)と利用者との関係については、奉仕精神から、身近な関係であり、仲間であり、時には親の代役のような立場も見られました、ただ就労については特段の定めはなく日中活動の一環として、簡単な作業が準備され、イベントなどで販売するパンやクッキーを作るのが一般的でした。作業は職業訓練の目的があるわけでもなく、また利益の確保もないので給与の支払もありませんでした。現場では職員や親が障害者と共に作業をすることも不自然ではなく、一般就職をする意識も少なく、障害者は一生を施設で過ごすことが当たり前のようであり、世間の潮流とは別の価値観が形成されてきました。
平成18年に障害者自立支援法が制定され、働いて「経済的な自立」をすることが明文化され、福祉制度もサービス業として捉え、従来の奉仕・援護から「自立・自律」への方針が打ち出されました。障害があり福祉サービス制度の利用を希望する方は、従来の制度と違い、基本的に自らの判断で福祉サービスの種類や事業所を選択することができるようになりました。多分に福祉事業所は戸惑があったと思いますが、それでも就労支援制度を実施したのですが、事業運営や職員の対応が一新されたわけでもないので、働く能力を育成するのではなく、職員や親御さんが“代わりに働く”ことは継続されました。
新制度から10年が経過して企業の障害者雇用の意識も変わり、また障害者雇用促進法や差別解消法が制定によって、多様な社会づくりや合理的配慮が提唱されたことで、障害者の企業就職の実績も過去最大になりました。これに応じて福祉の就労支援も、代わりに働くことから自立して働くことへと変移し、支援方針もHelp(手助け)からCoaching(出来るように育成する)へと大きく変貌し、福祉職員も具体的な成果が求められるようになりました。
これから福祉職員は就労支援の役割が成果を担保する支援になることを考慮して、利用される方との関係性や距離感を作り上げることが求められるようになりました。この機会に皆様のご理解をいただいて未来型の福祉支援を創造したいものです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

育つ福祉

晩秋になると畑では来春収穫する、たまねぎ、えんどう豆、空豆などを植え付けます。久しぶりに晴れの日曜日になり、朝から顔見知りの苗屋さんに伺いました。畑は連日の雨続きでぬかるんでいて、事前になにも準備ができなかったので、水分を多く含んだ土に奮闘しつつ、4本の畝を作り上げました。これから植え付けですが、終わったのは正午近くになっていました。中腰の作業が続くとさすがに足はガクガク、腰は固くなり、額からは汗が噴き出していました。それでも楽天家の私は“今年もできた、爽快”とつぶやき、まだまだやれる・・と空元気を楽しみました。
これから順調に生育すると来年5月中旬には収穫できます。たぶんオニオンサラダと空豆で冷えたビールをのど越しに・・後はえんどう豆のまぜご飯などと夢見ることができそうです。野菜は季節の決まりごとに敏感に順応してくれますので、世話の分だけ良い結果をもたらしてくれます、17年間の野菜作りの経験から、作業を段取りよく進めることで収穫も相応に期待できることを知りました。
もう10年になりますが東京大学先端科学技術研究センターが主催する、障害のある若者の修学を支援するプロジェクトが進んでいます。DO-IT Japan (Diversity, Opportunities, Internetworking and Technology) プログラムは,障害や病気のある小中高校生・大学生の高等教育への進学とその後の就労への移行支援を通じ,将来の社会のリーダーとなる人材を育成するための取組です。「テクノロジーの活用」をテーマに据え,「セルフ・アドボカシー」,「障害の理解」,「自立と自己決定」などのテーマに関わる内容になっています。
DO-IT Japanは,対象者に応じて3つのプログラムから構成されており、
・スカラープログラム(中学生/高校生・高卒生/大学生・大学院生対象)
・PALプログラム (小・中学生とその保護者、高校生・高卒者、大学生・大学院生対象)
・School プログラム(学校/教員対象)
があり、毎年、全国から応募があるので日々のサポートはインターネットが主で、悩みや困りごとの相談,近況報告,情報提供,ディスカッションなどが準備されています。詳細は年度報告書が掲載されていますのでご確認ください。
ぷろぼのは障害者福祉の就労支援に取り組んで12年になりますが、これまでは障害者は社会的弱者で可能であれば健常者並みに働き自立した生活ができるようになる、これを目標にしていましたが、すでに障害があっても将来社会のリーダーになる人材を育成するDO-IT Japanプロジェクトは大いに励みになります。能力と意欲の高い彼らに大きな夢と可能性を示してくれています。今後もぷろぼのは、すべての「人」の能力や可能性を広げる活動を進めていきます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉の拡大

10月は秋晴れの青空が続いているはずなのですが、今年は連日雨、雨です、3週連続して土日が雨になりましたので、今年は多くの田んぼで相当に黄ばんだ稲が雨に濡れながら立っています、収穫が遅れるとお米は大きくなりすぎて乳白の表面が柔らかくなってしまいます。私の畑もぬかるみがひどくて、冬野菜がようやく育ってきたのですが、虫の駆除もできないままに白菜の葉が網戸のように見事に食べられています。しかたなく、虫も喜ぶおいしい野菜ができている・・などと苦笑しつつ雨空を恨めしく眺めています。
先日、衆議院選挙があり候補者が社会保障制度の充実を唱えていました、障害者福祉は、老人福祉や児童福祉と並んで国の大きな制度であり、年間約2兆円の予算が割り当てられ、障害者の生活、社会性、就職活動等に活用されています。ですから利用できる方は障害児・者に限定され、年齢も概ねゼロ歳児から65歳までと幅広くなります。他の制度と少し違う点は、障害者福祉は人生の多くのことに関わる世代の方や日常の課題に取り組むために利用されますので、施設側も十分に対応する準備が求められます。新制度が始まって10年が経ち、徐々に障害者福祉の施設が機能的に向上していることを実感しています。
最近になって、社会的弱者や困難者への支援の仕組みづくりや障害者福祉制度の利用についての検討が始まりました。現状では、生活や就職に困難さを感じている人たちはたくさんおられます。例えば、失業されている方、一人親で子育てと仕事の両立に苦慮されている方、病気で働くことができない方、引きこもりニートと評される方、罪を犯して社会復帰を目指している方、外国から来ている方などがおられます。何らかの理由で社会人として「普通」に暮らしていくことが大変な方にとって、ご自身の努力や頑張りだけでは改善が難しいこともあります。
人生の困難な時の救いの制度としても「障害者福祉」の役割はあるので、障害者以外で困難さを感じている方が利用することの必要を感じています。制度の改正以降に施設が提供できるサービスが充実してきたことで、彼らを受け入れることや共に頑張れる環境を作り出すことも可能になってきています。これを実施することについて、現状では諸所の課題はありますが、福祉が幅広な気持をもつこと、制度を横断的に拡大すること、そして障害者が健常者を支援する視点を持つことで新たな時代の役割が期待できます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉よもやま話

先日、ある企業の方から作業の依頼があり、内容は装飾品の組み組み立てです、いくつかのパーツがありそれをマニュアルを見て仕上げる仕事です。特に専門性は必要なく簡単な作業です。数量は毎月相当数あり請負を希望されていました。私がその組み立て作業をしてみると、1個10分ほどで出来上がります。一時間で6個できる計算になり、価格をお聞きしてみると1個当たり50円とのこと、一時間で6個×50円で300円の収入になります。
先日、奈良労働局から通知があり奈良県の最低賃金が10月1日から786円になったとのことです。このところ定期的に最低賃金が上がります、ちなみに大阪府は883円とのことです。約100円奈良が低くなっています。
社会福祉法人ぷろぼのは、この件を事前に聞いていましたので、就労継続A型事業で働く方たち(A型職員)には、この春から準備を進めていました。A型職員は雇用契約をしていますので、週20時間以上の勤務と最低賃金以上の支払いが条件になっています。福祉的な支援を受けて通常業務を担当することになっています。そのために一定期間働くための訓練を受けて準備をしています。
さて、上記の時間当たり300円の作業依頼ですが、最低賃金を考慮するとこの業務を受けることはできない結論になります。障害者が働く福祉事業所であっても、通常の能力の方が頑張って作業をしても、最低賃金以上の生産性をあげることができない業務は受託してはいけないことになります。
先日、ある福祉関係の会に参加しました、発表者が、自社では100円ショップの仕事を請けて障害者は生き生きと働いていて、定期的に100円ショップを訪問し、その製品が陳列されていることを確認して、“自分たちも社会の役にたっている”と喜び、モチベーションを高めて頑張ってくれるようになったとの内容でした、ちなみに給与は月に15,000円ほどとのことです。この発表を聞きながら、福祉で働く職員も立場を逆にして、100円ショップの製品つくりをして、店を見学して、月給15000円の待遇になったときに、障害者と同様に“自分たちも社会の役にたっている”と喜ぶことができるでしょうか。
福祉の事業所には国が税金を使って、障害者支援の給付金が支給されます、それが職員の給与になりますが、本来は利用されている障害者に相応の福祉的な支援をして、成果をあげることができて初めていただけるものなのですが、福祉の現場はそのようにはなっていないのです。
確かに障害の程度によっては最低賃金以上の生産力を習得してもらう取り組みは大変ですが、それでもそれが障害福祉で働く職員の使命なのです、それが「福祉」のプライドなのです、これからも目標に向かって頑張りますのでご協力をお願いいたします。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉と最適さ

秋が深まり、障害福祉も来月から下期に入ります、予算の執行上どうしてもこれから業務が忙しくなっていきます。福祉の現場には障害者が働いて経済的に自立した生活を目指す就労訓練があります。福祉サービス制度の就労支援は、福祉的な支援を受けて実務を担って収入を得る取り組みになります。またここでは就労経験から働く能力を蓄積して、一般企業への就職を目指す準備をする役割もあります。
福祉事業所が提供する福祉的な職場づくりの支援は、広範囲になり一人ひとりの特性により違いがあるのですが、第一は、働くことに困難さが生じない施設環境を整えることです。例えば、段差がないバリアフリーな事務所や多目的なトイレ等の設備、状況によっては細かな補助器具の準備も必要になります。また、日々の体調によっては一時的に休憩できる部屋や設備、また服薬及び通院時間に配慮することも求められます。
第二は、特性を正確に評価することです。「人」は働くことで成長しますので、事前の面談から得た基本情報と、日々の業務の進捗を記録したいくつかの項目から、その時点の職業適性や能力を判断していきます。これが福祉職員の最も重要な業務になります。第三は、定期的な面談で直接示された意見や思いから成長の度合いや困難さを理解し、課題を具体化して、相互に共有する手順を踏まえて適切な支援に繋げていくことです。「人」は訓練によってさらに成長しますので、職員は思い込みや独断は極力排除し、成果や記録などの客観的なデータを優先するように心がけています。
障害者が働くことができる職場づくりは、病気や障害を問題視するのではなく、共に働きやすい環境を作り出すことが求められます。それは法律や制度で規定するものや外部のQ&Aやマニュアルが絶対的な解決になるのではなく、そこで働いている皆さんが互いの理解と協力から作り上げていくことになります、そして留まることなく繰り返すことが最適な職場環境になっていきます。
障害があっても、なくても「人」の生活及び就労を支援する取組はとても難解なものです、何ができるのかや成果を優先するのではなく、これからの時代は個人の思いや希望、マクロ的な視点を加えることも大切になります。福祉の理想を求め大きな広がりをもって、最適な福祉や職場のあり方づくりに取り組んでいきます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment