自己判断と申請

昨今、高齢者の交通事故が多発しているとの報道があります。保育園の子どもや家族が犠牲になることはとても痛ましく、ニュースを直視できないこともあります。事故後に高齢運転者が、アクセルとブレーキの踏み間違いや気が動転して正常な判断ができなかったと弁解されています。私も古希を過ぎましたので、運転の精度は同乗する妻によりますと以前よりも荒くなったとのことです。細心の注意で安全運転を心がけていますが、それでも心身の能力低下を感じています。
この報道が各地で高齢者が運転免許を返納する動機付けになっています。これは本人からの申請によりますが、犠牲者のお気持ちを考えると、それだけではなく、安全装置の開発や生活インフラの検討と共に運転能力を厳格に判断する必要性を感じています。
障害者手帳の交付も自己申請になっています。3種類の手帳がありますが、どれも医師や専門機関の診断書や意見書と本人の申請書を添えて、市町村の障害福祉担当課に提出する必要があります。申請して障害者手帳の交付を受ければ、障害者として多くの社会保障制度の支援を受けることができます。
申請の可否や時期については判断が難しい課題もあります。障害には先天性のものと後天性のものがあり、先天性の障害は幼児期に障害認定されますので、家族の方が関係機関に手帳の交付を申請することになります。また後天性の障害は、本人が交付申請をするかどうかを判断することになります。この制度はあくまでも申請方式なので、本人や家族が申請しなければ障害者認定されないことになります。
手帳の申請に付随する支援制度についても同様にすべて申請方式になっています。例えば、NHK受信料の免除、高速道路の通行料、長距離移動の運賃、美術館等の入館料、福祉サービスの利用等も申請すれば、障害種別や程度によって給付や利用ができるかどうかを判断してくれます。これらは障害者も社会の一員として健全な生活を送ることができるための支援策になります。
一方、障害者手帳の交付や各種支援を申請しない方もまだまだたくさんおられます。お聞きすると、「障害者」に認定されたくない、また認定されることで社会の対応が変わることを危惧するとのことです。また手帳は取得しているけれども、社会を意識して支援策を申請していない方もおられます。障害者福祉サービスの利用でも、福祉施設を利用することを懸念して、障害のない方が利用する機関に相談される方もおられます。
すべては本人の判断によるものですが、福祉の役割として、社会を意識しなくてもよい、ユニバーサルな生き方や判断が自然にできるようにしていきたいものです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

新農福連携

奈良県が本格的に障害者が農業に従事する取り組みを開始しました。これは障害者が農家に採用され、栽培や収穫、加工に関わった食材には特定のマークを付ける事業のようです。数年前から県の担当者が農家を訪問して、主に養護学校生を対象に実習の受け入れを進めていました。奈良は柿やイチゴ、また大和野菜が栽培されていますが、近年、若手の農業従事者が少なく、人手不足が顕著になっています。福祉による農業の取り組みを「農福連携」事業と称していますが、全国的には事業化されたものは少なく、憩いの場や体験の場になっているのが一般的です。
全国に農業に従事する人たちは200万人程度になり、6割以上が高齢者でそのうち基幹農業者は6割程度で、新規就農者は数万人で減少を補うことができない状況です。新規就農者には農業技術を習得し、農家になるための支援策も準備されていますが、根本的な対策にはなっていないようです。
農業者にならない理由に、収入が低い、仕事がきつい、技術が難しい、などがあります。自然相手の環境に対応する技術と共に、流通ではサイズや見栄えなどに細かい規格が求められますが、その割には収入が安定しないのが現状です。例えば、大根が1本100円、ほうれん草が1束90円など、消費者の家計には優しい値段ですが、生産者には厳しい価格になっています。一般的に農業者は収穫物を農協に運び、相場価格で取引しますが、概ね市場価格の半額以下の収入になります。また栽培法には、露地栽培、ハウス栽培、水耕栽培などがありますが、日本の農業は少ない品種を大量に効率よく栽培する単一栽培が主でこれで利益を得る仕組みになっています。なので、コメ農家、たまねぎ農家、メロン農家などの呼び名がついています。このような栽培法にすることで、年間を通じて決まった作業になるので、そこに障害者が参加できる余地が生まれます。水耕栽培では毎月収穫できるレタスなどは、障害者がポットに種を播く定例の作業が生まれます。
ぷろぼのは3年前から露地栽培でよもぎを4反栽培しています。獣害が少なく、栽培法が簡単で、国産がほぼなく、市場価格が安定していることが要因になっています。これを餅などの食材やお茶、及び浴用剤として商品化しています。農福連携事業は、農業の担い手不足対策、障害者の収入確保の目的がありますが、それとは別に、その事業が休耕地の畔の草刈、水路の掃除などの担い手対策になり、農地の維持管理の役割を果たすことになります。私は18年前に病後の体質改善や体力維持、また退屈しのぎの意味もあって、市民農園をお借りして野菜作りを始めました。田舎育ちなので経験はなくても、どうにか野菜を育てることができました。農業は大切な産業なので障害者だけでなく、障害のない方も農業分野に参入していただくことを期待しています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

快適な広さ

連休に妻と自宅から40分ほどのところにある馬見丘陵公園に出かけました。少し時期が過ぎていましたが一面にチューリップが咲き、その後を補うようにネモフィラの空色の可憐な花が広がっていました。公園を散歩するのは久しぶりでしたが、お互いに足が痛いとも言い出せず、やせ我慢しながら2時間ほど散策しました。万歩計はすでに1万を超えていましたので車に乗ったときはほっとしたものです。公園は、視界が広がり、遠慮なく大きく両手を広げることや、新鮮な空気を堪能することもできとても快適でした。
日頃、私たちは職場で一定の空間を得て8時間ほど仕事をしますが、資料などに囲まれ、視界も狭く快適な空間ではない環境に身を置いています。それがいつの間にか圧迫感を蓄積することになっています。快適な職場の要件ですが、まず、生き物なので新鮮な空気、適度な温度や湿度は大切になり、また相応に明るく静かで、広い作業空間があることも上位になります。それに加えて、最近のIT系企業では、休憩室や談話室、運動場、食堂やバーなども整備され、広さと共に快適性を重視するようになっています。なお労働安全衛生法では、事業者は快適な職場環境を形成することを示しています。
人は環境の生き物なので、どのような状況でも徐々に慣れて適応すると言われていますが、調査報告では、従業員で一定期間休職した方の比率は10%程度あるとのことです。これは職場のハード面だけではなく、職務からストレスを受けたことや人間関係から自己嫌悪になる方もおられるので、特定はできませんが、それでも一定の影響を与えていると思います。
日本では、私たちが雇用されて工場や事務所で働くようになったのは100年ほど前からなので、雇用者が提供した職場で働くことが当然のようになっています。また労使の立場もあり、従業員から職場環境を改善するように提案することは難しい場合もあります。
空間の快適性は人それぞれで、適度な広さが落ち着くといわれる方もおられます。背景には国土や家空間に対する意識の違いがあると思いますが、それでも“ウサギ小屋”と揶揄されて半世紀が経つので、そろそろ私たちも職場の快適な広さや環境を具体化することも大切だと思っています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

表現によっては

桜が散り終えた先週、奈良でも統一地方選挙がありました。選挙速報を見ながら皆様の日焼けした表情から、かすれた声で喜びの気持ちを語っておられる様子を拝見し、選挙運動の大変さを改めて感じていました。立候補者の公約に医療、介護、教育の充実」を掲げる方が多くおられましたが、その表現に少し違和感を覚えていました。
医療と教育はその分野を総称する表現になりますが、なぜか介護のみ具体的なものになっています。この場合の介護は「老人介護」を意味しており、高齢化社会で老人介護は皆様の直近の課題になっているので、このような言葉の並びになる意図もよくわかるのですが、正確には、「医療、福祉、教育の充実」になると考えます。
介護は福祉の一つの分野で、通常は老人介護や障害者介護があり、「福祉」がそれを総称する言葉になります。公約はその時代や地域の課題を短い言葉で表現しようとしますので、仕方がないのですが、この表現が福祉の現場に大きな影響を与えています。福祉でなく「介護」を強調することで、福祉がいつのまにか食事や掃除、排せつ等の介助することだけであるかのイメージが作られ定着し始めています。
福祉には、社会的弱者を対象に児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉等があり、業務は、生活・介護支援、社会参加支援、就労支援等に別れ、それぞれ対象も支援する内容も違うので、介護に限定したものではないのです。福祉の一部の老人介護を主張するのでしたら、例えば、教育では英語やIT教育を、医療では高度医療や身近な在宅訪問医療のように具体的な表現になると、文字の並びがきれいになるように感じます。
近年、福祉はニートや引きこもりの方、シングルマザー&パパ、触法者などの困難者も含まれ、さらに「福祉」を「社会援護や社会保障」の表現に変えると、社会的弱者や困難者だけでなく、一般の方もその対象になり支援する業務もさらに拡大します。
高齢になり、また障害を持つと、時々、“ついに福祉の世話になるのか・・”また“あ~あ、障害者になってしまったのか・・”と落胆して言われる方がおられます。老いることは誰にもあり、また病気や事故及び遺伝要因で障害を持つこともあることです。「福祉」はどなたも素直にこの言葉を受容でき、自然に表現することができ、場合によっては利用できるような気持ちになることができる、そのようなバリアのない社会になることを願う気持ちが込められています。ちょっとした表現が多様な意味を発信し、それぞれの解釈が広がります。福祉があたりまえに認知できる社会にするために政治や行政と共に頑張りたいものです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

障害によっては

今年も気温が15℃を超える季節になりました。少し前から冬の畑を手入れして夏野菜を植え付ける準備をしてきました。夜明けが早くなると気持ちもはやり、さっそく近くの苗屋さんに出向いて、ナス、キュウリ、トマト、パプリカを少しだけ購入しました。遅霜対策で寒冷紗をかけて見守っていますが、ようやく活着して新しい葉が伸びてきました。
厚労省の障害認定は、一定期間症状が安定して、それが生活や就労に大きく影響しているものについて、等級を定めて障害指定をしています。その中に、難病を患い、自力では自宅から出ることができない方や寝たきりの症状の方もおられます。その方たちの視界はどうなっているのだろうと気になっていました。一日の多くの時間は目覚めているので、視力のある方はそこから見えるエリアを見続けることになります。それは多くの場合は止まっている空間になり、変化のない映像になります。私は喉頭がんの手術後に3日間は首の動きを固定されて、ベットで過ごしたことがありますが、なにもすることがなく、考える余裕もなく、術後の不安を感じながらの時間はとても長く感じたことを覚えています。
その経験から人は体を動かすことで視界が変わり、その変化があることに無意識に慣れていまいますが、それが日々の暮らしにどれほど尊いものであるかを教えてくれました。“なにげなく”あることが暮らしを支える大切なものだとも思えるようになり、障害によっては、なにげないことができなくなる方もおられることを知る機会にもなりました。
福祉がどのようなお手伝いができるのだろうか、大きなテーマになりますが、せめて医療技術が進歩するまでの間、微力ですが意思をもって視界を動かすことができる手法に取り組みたいと考えています。私は病気で発声機能を失いましたが、人工喉頭器を使って、少し変な音声で会話しています。それで日々刺激を得て、多くのことを学ぶ機会になっています。ただひたすら聞くだけの会話は苦痛が増すだけで大変なことです。視界を動かすことと私の障害は違いがありますが、意思をもって見ることや会話ができることの必要性は感じています。
近年、ICTやロボット制御の技術が進歩し、実際に働くことを体現できるシステムとして、遠隔医療のロボット手術や教育指導、また工場ではロボットによるモノづくりが始まっています。遠隔で機器を操作して働くことをアバター就労と称されますが、人がプログラミングなどで意思をもって機器を操作して、自由に視界の動きを作り出すことについても可能性を感じ、福祉も新たな領域にきていると感じています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment