己を知ることから

奈良も秋が深まり公園の木々の紅葉もそろそろ散り始めるころになりました。学生にとってこの時期は進学や就職活動に忙しいことと思われます。文科省の発表によると大学生の0.5%に障害のある方がいるとの調査結果があります。奈良の大学でお聞きしてみると、概ねその3倍ほどの学生がいるとのことです。危惧することは障害者手帳を持つ学生は本人も周囲の方も認識されていますが、本人も家族も大学側も認識していない学生が多くいることです。
報告では、入学時によくある傾向では、なんとなく登校できない、同級生と会話ができない、友人ができない、授業についていけないなどがあります。私の時代は5月病などと表現されていましたが、それが長引くようだと「障害」を疑ってみることも必要になります。また就職活動を始める3年、4年生の傾向としては、ゼミになじめない、担当教員と話ができない、卒論が書けない、授業と就職活動の両立ができない、などもあります。
それでも関係者からお聞きすることは、大学に入学できるほどの学力があるので、「障害」があるとは思えないと言われる方が多くおられます。しかし学力と「障害」とは必ずしも関係があるわけではなく、特に「発達障害」は知的な障害がない方も多くおられることをご存知の方が意外に少ないようです。特徴的な症状は、勉強のように設問があり、答えが決められたものや体系的で一定のルールが明確なことは得意であっても、予定が突然変更になることやあいまいな表現の場合に、それを理解して的確に行動することができない方もおられます。
「障害」は知らないまま放置しておくと、時として負のスパイラルを起こすことになります。人の顔や名前を覚えることが苦手な「障害」の方は、友人ができずに徐々に自信を失い、症状が進行して過呼吸やパニックを生じてしまうことにもなりかねません。
学生で障害があるかもしれないと認識することは、本人もご家族も大きなショックを受けることもありますが、それでも早期に原因を判明することは、結果的に本人が救われることにもなります。
人が生きていくためには、社会になじむ適応性が求められます、知識や技術、学問は、個人の努力でも一定取得できますが、社会適応性は、社会に出て他者との交流でしか得ることはできません。家族とは長い間に培った信頼や安心がありますが、社会ではそれを最初から作り上げることになります。福祉はその役割を担っているので彼らと伴奏しながら日々の事象に対応していきます。奈良でも障害があるかもしれない学生に向けた支援の取り組みの必要性を痛感しています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

奈良で求められていること

この時期になると毎年のことですが、次年度に向けて事業計画の作成が始まります。この10年間は、障害福祉サービス事業の推進を主にして、企業との連携や地域貢献活動を加えて「ぷろぼの社会福祉のしくみ」を基本にした計画の策定をしてきました。方針は障害者の就労による自立した生活の実現を目指してきました。ただこの間に、国や地域の状況や住民の意識などが変化してきことがありますので、方針をもう少し拡大することが求められるようになってきました。

障害福祉制度の充実については、従来の身体障害や知的障害の方から、精神疾患や発達障害の方が増えてきており、利用者の約7割になってきました。中にでも就職中にストレスや職場環境に対応できないことで、精神疾患を発病される方が増えてきています。精神保健福祉手帳の申請や自立支援医療を使われている方は、少しは病気や障害の自己認識がありますが、その前段の忍耐されている方も多くおられるようです。このような方にも福祉の情報や支援の内容が届くような取り組みを充実させることの必要性を感じています。

企業との連携については、障害者雇用促進法の追い風もあり、雇用が進んできていますが、それでも障害者雇用に消極的な企業はまだまだ多くあるのが現状です。また障害者側からは、奈良に希望する規模や職種の企業が少ないとの意見もあるので、企業への広報PR、見学や実習の実施などの強化策が求められるところです。

次に、地域貢献活動ですが、本来これが社会福祉法人やNPOの最も大切な取り組みになります。社会福祉法人は、福祉サービスの供給のあり方が変化する中、地域福祉の中核的な担い手であるので、効率的・効果的な経営を実践して、利用者の様々な福祉ニーズに対応していくことが求められています。特に、福祉ニーズが多様化・複雑化していますので、高い公益性を備えた法人の役割は重要なものとなっています。

特に次年度から制度改正が行われることになっており、社会福祉法人の地域貢献活動として「社会福祉充実化」の取り組みが求められることになりました。これは法人独自に実施していたものから、行政と連携して、その方針や予算にかなった活動にしていくことが求められます。地域が求めている課題を明確にすることや具体的な対応策や手順、予定を示す必要もあります。

ぷろぼのは、地域の課題の一つである「多様な働く場づくり」の取組を推進していますが、今後は行政や関係機関との連携を進め、さらに磨きをかけ充実させていきたいと考えています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

「CLTBOOK」の発売記念式

奈良に秋の深まりを告げる正倉院展が始まりました、木々によってはすでに紅葉が始まり、風情が増す季節になりました。

すでに木造のぷろぼの福祉ビルが完成し、事業を開始して3か月が経ちました。この度、ビル建設のはじまりから竣工までをまとめた「CLTBOOK」を出版することになりました。皆様に感謝の気持ちを込めて、「CLTBOOK」の出版記念式を111日(火)15時から、ぷろぼの福祉ビルで行うことになりました、テーマは、「森から街への木の旅」~Fellow Ship Centerができるまで~です。

CLTBOOK」は、私どもがCLT工法による都市型の木造ビルを、日本で初めて建設することを決めた時点で、建築の経過や思いを記録としてまとめ残すことを想定して、制作に取り組み、専門家の視点で「ぷろぼの福祉ビル」を文章や画像で表現したものです。多くの方のご協力をいただいたことの感謝をお示しするために、50社を超える企業名と400名以上の方の氏名も掲載させていただきました。

制作企画は、クリエイティブディレクターが坂本大祐さん、アートディレクターは長岡綾子さん、撮影は西岡潔さん、編集ライティングが阿南誠子さんに担当していただきました。出版記念式には、この「CLTBOOK」制作メンバーが集い、講演をしていただきますので、制作企画への思い、狙い、工夫、また苦労話などをお聞きするいい機会になります。ご都合の良い方はぜひお立ち寄りください。

すでにこの木造ビルでは719日から福祉事業が始まっています。設備や什器類が揃い、障害をお持ちの方が就労に向けて訓練をしています。また働く場では訓練で習得した社会人スキルや技術を活用して、精力的に働かれています。また就職訓練前の自立訓練や障害児向けの事業も追加することができましたので、利用される方の程度や思いに応じた福祉サービスを的確に提供できる体制が整ってきました。

見学などで木造ビルに立ち入られた方は皆さん、“いい香りがしますね”、“暖かい気持ちになりますね”、“落ちつきますね”などと伝えてくれます。関係機関の方からも同様の感想をいただいています。木造福祉ビルで“人にやさしい職場環境を整備したい“、との当初の思いに少しですが近づいています。「ぷろぼのらしい福祉」づくり、これが私たちが目指す方向です。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

ぷろぼのらしさ

早いものでこの10月でぷろぼのが活動を始めて10年が経ちました、振り返るといくつかの取り組みをしてきました。特に重視したのは、「地域福祉のしくみ」づくりでした。障害者福祉を主に地域の福祉的な課題に向き合うためのシステムです。直接の解決を目指すことだけでなく、日々の活動の中に組み入れていくことの重要性を大切にしてきました。構成は、「福祉制度の活動」、「働く場づくりの活動」、「地域貢献の活動」です。

障害のある方が福祉支援を得て、就職し、経済的に自立した生活をする、その過程で生じる希望する職種や働く環境の整備などを具体化するために、企業と連携して、奈良に新たな職場を作り出すことをする、また日々の生活では家庭や住居近くで過ごすので、地域を知ること、近所の付き合い、買い物や交通の便など、地域との関り方についてもわかりやすい取り組みにしてきました。

日常の活動で大切にしていることが、“見ること、知ること、伝えること”です、これは、目に映るもの、聞こえる声や音、匂い、触感など、新たに身に飛び込んでくるものすべてを取り込み、その都度分類や体系的に整理し、活動に応用できるようにすることを目指してきました。伝えることは、まとめたものを自己及び他の方に的確に提供することで、新たに生まれる反応やアドバイスがさらに理解を深めることにつながっていきます。ちょっとしたことにでも意識を広く持っておくことで、新たな可能性を自然に広げてくれることになります。

このような思いを背景にして生まれたものが、障害のある方の就職を支援するための「就労支援プログラム」です。就職の準備性や職業能力の評価を基準にして、障害のこと、生活のこと、社会性のこと、そして働くための技術などで構成されています。いまではそれに加えて働き続けるための体力や精神力および学び続ける力、さらに年齢や思いに適応した具体的な支援策の構築などへと広がってきました。

ぷろぼのは、活動や事業に関わるすべてのことを福祉の思い等を基準に仕組化すること、それを具体的なプログラムにまとめることを心掛けてきました。絶えず丁寧に記録を取ることをしてきました。今ではそれが財産として活用されています。これが“ぷろぼのらしさ”であり、法人の理念に沿って「ぷろぼの文化」になっていくものと期待し、これからの10年が楽しみにもなります。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

大切に積み上げてきたこと

福祉は日々の素朴な活動が最も大切なことになります、平凡な日常を続けることを旨としていますので、特別なことや奇をてらうことをことさらに行うことはありません。幸せな生活について聞いてみると、“日常、普通、平凡”に類する言葉が上位をしめています。これを構成する要素を拾ってみると、睡眠、食事、趣味、外出、仕事、遊び、おしゃべりになり、最近はメール、ネットが追加されています。

これらを福祉的に体系化したものが、「ぷろぼの社会福祉のしくみ」になります、さらに就職に向けて訓練プログラム化したものが「ぷろぼの就労支援プログラム」となります。ぷろぼのは、障害のある方が就労によって自立した生活ができることを目的に福祉事業をしています。

近年、そのプログラムにようやく年齢軸や就労準備性を加えた「ステップアップの手順」を追加することができました。これは成長に沿って社会にでるために必要となるスキルを手順に従って習得することができる仕組みです。

概ね中学から、社会人スキルが求められますので、その年齢に応じた内容を準備し、高校ではそれを訓練によって身に付け、日々活用できるようにしていきます。その延長線上に社会参加や進学及び就職があります。成人後も必要に応じて関係する技術を習得するためのサポート態勢があれば、迷い、葛藤しながらも人生を生きていくことができます。

学生から成人して働く期間を経て、定年があり、その後の人生についての生き方が示されます。それを時系列でまた就職準備の程度に応じて、福祉的な支援が準備されていることが安心につながります。福祉サービス制度は障害や就職準備の程度に合わせて細やかで体系的に組み合わせていくことが必要になります。

10年前に障害者自立支援法がつくられた背景には、このような思想と思惑があったように感じています。ただ現実に福祉的ステップアップの手順を構築するためには、施設の規模や多彩な職員、また多様な福祉プログラムが必要になります。これは現状の厚労省が実施する福祉サービス制度を考慮すると現場に大変な頑張りが求められます、広範囲な知識や経験と意欲を持ち合わさなければ、なかなか実施することはできないものなのです。

近年、多くの社会福祉法人が取り組んだ福祉的な就労事業は、大半が撤退や修正を求められることになっています、反面、企業が福祉サービス事業を限定した取り組みが、成果を得て広がりを見せています。これを福祉の分業化や役割分担であると評すると聞こえはいいですが、利用される方にすると将来が担保されない可能性が広がることにもなります。

ぷろぼのは、愚直に就労を包括する福祉的ステップアップの仕組みを完成させるために邁進します。それが公益法人の進むべき方向であると考えているからです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment