障害によっては

今年も気温が15℃を超える季節になりました。少し前から冬の畑を手入れして夏野菜を植え付ける準備をしてきました。夜明けが早くなると気持ちもはやり、さっそく近くの苗屋さんに出向いて、ナス、キュウリ、トマト、パプリカを少しだけ購入しました。遅霜対策で寒冷紗をかけて見守っていますが、ようやく活着して新しい葉が伸びてきました。
厚労省の障害認定は、一定期間症状が安定して、それが生活や就労に大きく影響しているものについて、等級を定めて障害指定をしています。その中に、難病を患い、自力では自宅から出ることができない方や寝たきりの症状の方もおられます。その方たちの視界はどうなっているのだろうと気になっていました。一日の多くの時間は目覚めているので、視力のある方はそこから見えるエリアを見続けることになります。それは多くの場合は止まっている空間になり、変化のない映像になります。私は喉頭がんの手術後に3日間は首の動きを固定されて、ベットで過ごしたことがありますが、なにもすることがなく、考える余裕もなく、術後の不安を感じながらの時間はとても長く感じたことを覚えています。
その経験から人は体を動かすことで視界が変わり、その変化があることに無意識に慣れていまいますが、それが日々の暮らしにどれほど尊いものであるかを教えてくれました。“なにげなく”あることが暮らしを支える大切なものだとも思えるようになり、障害によっては、なにげないことができなくなる方もおられることを知る機会にもなりました。
福祉がどのようなお手伝いができるのだろうか、大きなテーマになりますが、せめて医療技術が進歩するまでの間、微力ですが意思をもって視界を動かすことができる手法に取り組みたいと考えています。私は病気で発声機能を失いましたが、人工喉頭器を使って、少し変な音声で会話しています。それで日々刺激を得て、多くのことを学ぶ機会になっています。ただひたすら聞くだけの会話は苦痛が増すだけで大変なことです。視界を動かすことと私の障害は違いがありますが、意思をもって見ることや会話ができることの必要性は感じています。
近年、ICTやロボット制御の技術が進歩し、実際に働くことを体現できるシステムとして、遠隔医療のロボット手術や教育指導、また工場ではロボットによるモノづくりが始まっています。遠隔で機器を操作して働くことをアバター就労と称されますが、人がプログラミングなどで意思をもって機器を操作して、自由に視界の動きを作り出すことについても可能性を感じ、福祉も新たな領域にきていると感じています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

曖昧な生き方

桜の開花の便りが聞かれ、例年よりも数日早くなる地域もあるとのことです。気象庁が発表する開花宣言の基準は、標本木となる桜の木に5、6輪の開花が見られるとのことです。あくまでも正確に「何輪」ではなく、その程度となっています。天気予報も同様に時間で変化する天候をエリア別に表示されていますが、それも時間単位やエリアも広くなっています。天気予報がやや曖昧になっているのは、気象の観測技術に課題があるといわれていますが、それを論ずる前に私は“自然とは気まぐれなもの”との受容が大切だと感じています。
社会で働くといつしか正確さを追求することが当たり前のようになりましすが、冷静に考えると、どのようなことでも“曖昧なこと、そんなもの”で片付いてしまうことがたくさんあることに気づきます。算数で1+1=の答えを2と素直に答えて、〇をいただき、大人になると、1+1=の答えは条件によっては無数に存在することを知るようになります。数値は正確に表現するものだと認識していますが、それも数値が正数、小数それとも・・の条件によっては、答えが変わることや1つに決めることができないこともあります。
福祉は人の生き方で“あいまいさ”を大切にしている貴重な分野であり、お互いさまの精神で、自分をとりまく他人や環境を容認しながら、そこで穏やかに生きることを選択するお手伝いなのです。だから、どのようなことでもたくさんの正しい答えを持ち合わせ、間違いを気にしないとも言えます。
子育てしている親御さんとお話しする機会がありますが、現状の認識や期待から、そこに「具体性や正確さ」が求められていることを感じています。学力、スポーツや音楽、また将来なりたい職業は何と、イメージが具体化しています。しかし子どもにとって、成績はその時点を数値で示したものだけであり、すでに過去のもので、そこに内在している能力や思いを正確に表現したものではないのです。子どもの成長過程の意外性は、よく知られているおり、そこには正確な裏付けよりも、“なんとなくそう思いたい、”が集まったものなのです。
ただ、福祉も徐々に成果を求められるようになり、結果を出してようやく相応の対価の支払いが担保されるようになりました。成果を求めるビジネス手法と曖昧さを大切にする福祉分野が近づき始めています。人は、時間に正確で、業務の成果を出し続けることが難しいとされる生き物です。感情の起伏もあり、働きたくないときもあるので、それを時間、賃金、場所や義務感で拘束するやり方が、人に適した環境とは言えなくなってきています。しんどくなる人が年々増え、診療内科が忙しくなっているので、人が幸せに日々を過ごすことができるように、もう少し曖昧で、お互い様の福祉を続けていきたいものです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

働く準備の手間

すっかり春めいて庭の梨のつぼみが膨らみ、今年も桜に似た真っ白な花やほんのりと甘い香りが楽しめそうです。
最近、若い方の大半がスマホを使われていますが、障害者福祉の現場でも新たな出来事が生じています。これまで就職を希望される方は、事前に役所の障害福祉担当課や市内の職業相談事業所と相談して、福祉制度や障害のこと、働く条件について一定の情報を得て福祉施設にお越しになりました。しかし最近は、障害のない方と同様に独自にSNSで企業や福祉施設を調べ、ハローワークの求人募集などで就職活動される方も増えてきました。

福祉施設の就労支援事業は、“働く準備”をする役割を担っています。主に希望される職種や時期、及び条件などをお聞きして、働く準備に必要な要件を整理して相互に共有します。これは直接、就職活動することに比べて、面倒に思われるかもしれませんが、この事前の相談や訓練が就職への近道になります。

ここではご本人の成育歴や職歴及び障害特性をお聞きし、身体障害の方には体の不具合や日々の状況を、精神疾患の方は特性や症状に対する理解について確認します。そうすることで働く準備に必要なことを具体化し、長所を伸ばすための訓練や支援内容を決めることができます。そして就職活動では、企業に配慮してもらう点を詳細にお伝えすることができますので、長く働くための職場環境を整えることに役立ちます。

若い方に働く動機や目的をお聞きすると、“お金を稼ぐため”と言われますが、社会人の就職は学生時代のアルバイトと違って、生活に必要なお金を稼ぐことと共に、一日の多くの時間を過ごすので、“自分の成長”にもつながります。報・連・相やコミュニケーション力を身につけて、配慮のある職場で好きな業務に就くことができます。

福祉の就労支援を担当している施設は、地域の福祉資源であり、障害のある方であれば、また暮らしに困っている方であれば、自由に相談ができ、行政の認可を得て訓練を受けることや施設で働くこともできます。長く働くためには「働く準備」の手間が大切になります。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

就労準備とAI機械学習

桜がちらほら卒業式を迎えるこの時期に、多くの方が期待をもって社会に出られます。私の時代の学校では就職先を紹介する程度の支援でしたが、近年は履歴書の書き方や面接の受け方なども教えているとお聞きしました。これを最近の学生が社会に出る準備が遅れているとするか、企業の視点が変化しているとするかは判断の分かれるところです。
障害者の就職準備についても、雇用率の強化で企業の受け入れ態勢が広がってきています、が、それでも適材適所で能力や思いに準じた企業の選び方は求められています。福祉の就労支援プログラムには、就職準備を「社会性」と「職業技能」で構成しています。座学に加えて、職場見学や実習なども組み合わせて、働くことや職場のイメージを持ってもらい、日々の訓練の意味や役割の理解を進めています。
利用されるお一人おひとりで訓練の理解や習熟度合いに違いがありますので、3か月毎に新たな訓練スケジュールや期待する成果などを示した「個別支援計画書」を作成します。これを職員が訓練内容や成果から判断して、新たな訓練プログラムに応用していきます。ただ、これを作成する業務は職員にとって意外と大変で、多くの時間を使うことになり、また正確な判断が求められることにもなります。
これをシステム化する取り組みを数年前から準備をしてきましたが、ようやく日々の記録をAI機械学習処理して、算出されたデータから客観的な判断基準を示すことが試験的ですが可能になりました。
これまでは、職員が利用者個々の能力から利用期間や利用回数を基準に訓練の成果を確認して判断していましたが、このデータが出てきたことで、従来の支援が間違っていないことが証明されてきました。また、新たな発見として、データの傾向から座学による訓練から実務や内外の実習に行くOJTのタイミングになることなどが見えてきました。
これからさらに対象者を増やして算出データの精度を高めることで、訓練プログラムの成果を数値化することができるようになります。法人では4月から本格的に通所型の訓練に加えて、在宅でのテレワーク支援を始めますが、このAIシステムがさらに大きな役割を担うことになると期待しています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

夢をひろげる

この時期になると20年前に闘病していたころを思い出します。生きることの可能性と向き合っていたので、将来のことなど考える余裕もなくなり、今日と明日のことのみを意識して生活していました。庭を眺めても葉を落とした木々が見えるだけでしたが、ふと塀のそばに白い水仙と鮮やかな色彩の花をつけたクロッカスがありました。その時、なぜかクロッカスが印象的で勇気をもらったことを思い出します。先日、水泳の池江さんが病気を告白されたニュースを見ながら、彼女の今の心境が少しわかるような気がして、テレビの前で諦めたらだめだよ・・とつぶやいていました。
13年前にぷろぼのを作り、障害者の就労を支援する福祉事業を始めましたが、真っ先に、病気や障害で家や病院をでることができない方たちに、最新の技術をお教えして、“あたらしい・はたらく”ことに取り組んでもらいたいと期待していました。テレワーク制度などの仕組みを活用した訓練や働き方を進めましたが、すぐに十分な支援プログラムもなく、また制度の理解や機器の活用についても、まだまだ実績や理解ができていない状況を痛感しました。
それから10年間で奈良県下に5か所の事業所を分散してつくり、訓練プログラムも現場で使いこなして精度を高め、それを運用する職員の育成にも取り組みました。その効果もありこの度、ようやく本格的にテレワーク支援の事業を開始することになりました。
通所の利用者は日々リアルにお会いしているので、言葉や文字以外にも表情や仕草で状況を的確に読み取ることができますが、テレワークは在宅支援なので、厳然と距離の壁があります。文字や言葉から多くのことを理解することが求められますので、現場で相当の準備をすることが必要になります。
テレワーク支援によって、従来の通所できる方の利用から、大きく対象者が広がります。引きこもりや寝たきりの方、病気で定期通所が難しい方なども、“はたらく“ことに挑戦できるようになります。ITやIoTなどの最新の機器と事前準備が距離の壁をなくしてくれ、誰もが希望する仕事に就くことができるようになり夢が広がります。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment