オンライン化

25年以上前に通信手法でISDN64が発表になり、従来の電話回線での通信速度に比べて格段のスピードが期待されました。当時、私はデスクに2台のパソコンとルーターを設置して、速度を検証しましたが、ほぼ期待値が得られ、感嘆したことを思い出します。それを利用して先端医療機関ではハイビジョン画像で遠隔で画像データを送信し、専門医が遠隔診断する取り組みがスタートし、教育分野では進学塾等が本部の授業を通信で全国の学習塾に配信するようにもなりました。それから隔世の感があり、現代は光通信で数100ギガバイトが保証され、コンテンツも高解像度の動画をリアルタイムで送信できるようになりました。
16年前に障害福祉分野に関わるようになりましたが、当時から障害福祉には日々の支援記録や関係機関との情報共有がありませんでした。当時の現場は、“障害者は一人ひとり違うので、システム化が難しく、現場で支援者の”想いや直感“が重要である、との考えが一般的でした。そのために、支援の内容を記録するデータベースやそれらを分析・共有して現場の支援に活用するような考えはありませんでした。それも原因になり、福祉分野ではオンラインの活用が医療や教育分野に比べて遅れてしまったと思います。
コロナ禍で福祉分野に強制的にオンライン支援が導入されましたが、多くの福祉事業者は混乱し、大半は電話で一日に2回ほど在宅の利用者に連絡して状況を確認する程度のものでした。その一方で、オンライン手法を重視すると福祉支援の質が低下するとの意見がでましたが、福祉はリアルな対応が必要な部門だけでないので、その他をオンラインにする業務分担が検討されています。私どもでは、就労分野で都会の企業と連携して、就職準備ができた方に、テレワーク就職をお勧めすることができるようになりました。
いくつかの福祉事業者のIT環境を調べてみると、驚くほど遅れていることが分かりました。パソコンが2、3台程度、ネット環境の設定はほぼ誰も分からない、支援の記録方法もよくてWordかExcelであり、データベースになっていないので、それを活用するとの思いまでは至っていません。またそれに疑問を感じている職員も少ない状況でした。これでは福祉分野のオンライン支援を充実させることは難しいので、このような点でもIT化の補助が必要になります。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

しゅうろうしえんから

今年は10月1日が中秋の名月になります、この時期になるとの山のすすきが色づいて秋風に揺られている姿は印象的に映ります。以前は奈良から信楽の里まで1時間ほどドライブして、すすき狩りに出かけ、ついでに少し大きめの信楽のお茶碗を買い求めました。土色のお茶碗と真っ白なご飯のバランスが好きで食欲を注がれたものです。
例年ならば、この時期は障害者の就職活動が活発になりますが、新型コロナ禍で採用も慎重になっています。ハローワークの求人応募率も1.1倍ほどに急速に下がり、企業の見学や体験も慎重な状況です。
障害者福祉の就職活動は福祉の「就労支援」と「就職支援」の2段階で構成されています。福祉の就労支援は、働くことを希望する方が利用され、3か月ほどは社会人スキルの確認や習得を主に訓練プログラムを作ります。習得の程度に応じて、個別にいくつか働くための課題を具体化して、できることを増やしていきます。その後、企業見学や体験などを併用して、日頃の訓練成果を総合的に判断して「就職準備性」が向上したことを確認して、福祉の就労支援の役割は終了したことになります。
本来であれば、それ以降はハローワークや就職支援を担当する機関が企業就職の支援をすることになりますが、最近の福祉制度では企業就職までを福祉の就労支援とみなすようになりました。そのために福祉の就労支援が終了した後に、就職支援として、履歴書の書き方、ハローワークの登録、面接練習を加味するようになりました。また実際の業務を模した実務訓練を組み入れ、時間内に成果に業務ができること、毎回繰り返しできることを課題に訓練することになります。
福祉の就労支援が社会性を重視する背景には、就職することを目的にするだけでなく、就職後に長く働き続けることができ、さらにキャリアアップにつながることを期待していることが理由になります。昨今、特別支援学校を卒業後に就職された方たちの短期間での離職が課題になっています。就職して社会経験を得て成長する従来の社会人育成の方式が徐々に崩れていることを実感しています。企業にもまた家庭にも余裕がない状況が生じていますので、福祉がその間を繋ぐ役割を担うことの重要性を感じています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

雇用環境

このシルバーウィークに奈良公園は以前のように賑わい、鹿と戯れる観光客が目立ちました。今年も奈良に正倉院展の案内が報道されるようになりました。新型コロナ感染防止から、観客数を制限して、事前に日時を決めた前売り券を購入することになりました。毎年約9,000件もある正倉院の宝物から薬物と武器・武具59点が出陳されることになりました。
観光や飲食関係がコロナの影響で大きな打撃を被っています。昨年対比の売り上げが半分ほどになっています。また奈良の基幹産業である林業も恒例の木材市が開催できなくなり、吉野林業も大きな痛手を受けています。当初はサービス業が主でしたが、徐々に製造業や住宅建設分野にも影響が広がっています。年初は求人募集が1.4倍以上ありましたが。現在は1.11倍になり、専門・技術サービス業、不動産業、物品賃貸業と情報通信業が増加していますが、卸売業、小売業、製造業、教育、学習支援業、サービス業が連続して減少しました。
これに連動して、障害者雇用も消極的になる可能性が出てきています。経営が悪化するとどうしても労働生産性が低いとみなされている人たちが雇用止めになります。昨年は障害者雇用促進法の追い風で奈良県は全国で企業の障害者雇用率が一位になりました。特徴は県内の中小零細企業が以前から残っています地域力で、知り合い、学校や福祉関係の紹介で雇用いただくこともありました。そこには雇用して大切に育てていく企業風土が残っていると感じています。
福祉の障害者就労もこの数年大きく内容が変わってきました。以前は障害者雇用率で雇用が義務付けられているので採用することもありましたが、昨今は採用基準が明確になり、企業の業務に適しているか、戦力になるかを前提に採用されることが多くあります。量から質に変化し、障害者の労働生産性を期待するようになってきています。
このような雇用状況の変化を福祉施設も的確に把握して、さらに働く準備性を向上させる必要が出ています。福祉の就労支援は、就職してもらうことだけが目的ではなく、長く働き続ける力を育成して、企業関係者が彼らを戦力として育てたいと思ってくれるように、社会性を兼ね備えた人材を育成することを目指しています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

エッセンシャルワーカー

新型コロナの感染拡大が第2ステージに突入しています。奈良でも連日感染者が増え、すでに500人を超えています。このように誰にでも感染する危険性がありながら、社会で必要不可欠なしごとをしている方たちがいます。医療関係者はその最前線を担当し、日々患者の治療に専念しています。また食品分野では農業生産や工場での加工作業、またお店で販売に従事されている方もたくさんおれらます。一方、福祉関係者は医療と共に人々の健康の維持と安心して暮らすことを支援しています。これらの業務を担っている人たちは社会活動を支えている役割を担っておりエッセンシャルワーカーと称しています。
社会の構造は行政及び教育、医療、福祉が基盤業務を担い、企業は生産活動により経済の拡大と循環の役目を果たしています。時代と共にこれらの基盤業務が民間に委託されるようになり、より効率性を重視して、成果が公表されるようになったので、役割が分かりやすくなってきています。
新型コロナの感染が広がりエッセンシャル分野で働く労働者から感染者が出たときに、あまりよろしくない評価や意見をされる方が出てきています。特に緊急事態宣言が解除されるまでの間に、多くの方が不要不急の場合を除いて、外出を控えているのに、なぜ、あなたたちは職場などに出かけるのですか?などの内容が多かったと思います。もしこの人たちが仕事を放棄してしまうと、多くの社会活動に不具合が生じてしまいます。もし、医療機関や福祉施設、スーパーマーケット等が閉鎖されたら、日常生活が成り立たなくなります。彼らは感染のリスクを感じつつ、多くの方たちの代わりに役割を粛々と担っているだけなのです。
奈良県の感染者が約500人になりますが、PCR検査の陽性率を2%に想定すると、検査を
実施した総数は約25,000人になります。奈良県の人口は約145万人ですから、検査した県民比率は2%にもなりません。感染拡大を抑えるには、早期に感染者を見つけ出し、隔離する以外に現状では方法がないので、特にエッセンシャルワーカーは優先して検査が受けられるようにすることは、感染防止の重要な施策になります。彼らがPCR検査で陰性を確認することで、社会的な不安が減少し、また彼らの社会的な役割の大切さを分かっていただける機会になることを期待します。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

栽培と調理

昨年の秋から奈良市大宮町の自治会の協力を得て、近くに150㎡程度の農園をお借りしました。これまで田んぼでしたので、土が硬くて水はけが悪く、腐葉土を混ぜて土を柔らかくすることと共に、土壌改良として畑の周りに約30cmの溝を掘り、長雨があってもそこに水を貯め、外に流すことで、畑の水はけを良くしました。昨年の秋には大根やカブ、玉ねぎやそら豆を試験的に栽培しました。その時の土壌に適応できる野菜は成長しましたが、その他のものは肥料と土とのバランスが良くなかったようで散々な結果になりました。
その教訓を参考にして、4月に夏野菜のキュウリ、なす、トマト、獅子唐、カボチャ、青しそ、ねぎ、インゲン豆そしてトウモロコシと多くの種類を栽培しました。野菜の特性を調べて、事前に土を準備しましたので、順調に活着し成長し、6月上旬から収穫できるようになりました。特にキュウリ苗は2種類で10本植え、こまめな水やりと適度な枝誘導をしましたので、最盛期には毎日15本ほど収穫できました。トマトはミニ及びミディサイズの苗を9本植えましたので、太陽の光を浴びて赤く色づいた実がたわわになり、この暑さでも順調に成長しています。特に楕円形のアイコ種は形も面白く甘みもあり喜ばれています。
収穫した野菜は私どもが運営する「ぷろぼの食堂」で食材に使っています。購入したものと違い、その日に収穫して新鮮なままで食材にしていますので、歯触りと甘みの良さを感じています。また収穫量も日々異なりますので、その日の収穫に合わせて、スタッフがメニュー構成や彩を調整してくれています。それまでサラダはキャベツが主でしたが、そこにトマトやキュウリ+青しそが加わり、味と共に華やかさが増してきています。
野菜を栽培した経験のない方は、キュウリがどのような枝に実をつけているのか、カボチャやトウモロコシの姿や形が想像できないこともあると思います。スーパーなどに陳列されている野菜を購入していると、それらが土から栄養を得て実をつけていることさえ、希薄になっているように感じています。この間で食堂のスタッフたちが、野菜の苗の名前が分かるようになり、徐々に種類に応じて水の量も調整できるようになりました。経験することの大切さを学んだ野菜作りでした。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment