Category Archives: 障がい福祉の現場報告

エッセンシャルワーカー

新型コロナの感染拡大が第2ステージに突入しています。奈良でも連日感染者が増え、すでに500人を超えています。このように誰にでも感染する危険性がありながら、社会で必要不可欠なしごとをしている方たちがいます。医療関係者はその … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

栽培と調理

昨年の秋から奈良市大宮町の自治会の協力を得て、近くに150㎡程度の農園をお借りしました。これまで田んぼでしたので、土が硬くて水はけが悪く、腐葉土を混ぜて土を柔らかくすることと共に、土壌改良として畑の周りに約30cmの溝を … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

偏見と普通

4年前に神奈川県相模原市にある知的障害者の入所施設「津久井やまゆり園」で元職員による大量殺傷事件がありました。重度の障害で日常生活に困難さがある人たちが主に被害を受けました。犯人は逮捕され判決が確定しましたが、なぜ彼がこ … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

現実領域

今、現実に起きていることを私たちは事実、リアルな現象としてとらえています。この時間、この場所の事実を受け止めて、それが過ぎ去ると「過去」のこととして記録して、記憶にとどめておきます。この繰り返しが世の中であり、生きている … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

自己意識

新型コロナの緊急事態宣言が解消され、関西では新規の感染者数が減少したことで、週末の奈良公園の観光客は増えています。一方、東京エリアは日々50人を超える感染者が出て第2波への警戒が必要になっています。今後は、ビジネスや観光 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment