Category Archives: 障がい福祉の現場報告

障害によっては

今年も気温が15℃を超える季節になりました。少し前から冬の畑を手入れして夏野菜を植え付ける準備をしてきました。夜明けが早くなると気持ちもはやり、さっそく近くの苗屋さんに出向いて、ナス、キュウリ、トマト、パプリカを少しだけ … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

曖昧な生き方

桜の開花の便りが聞かれ、例年よりも数日早くなる地域もあるとのことです。気象庁が発表する開花宣言の基準は、標本木となる桜の木に5、6輪の開花が見られるとのことです。あくまでも正確に「何輪」ではなく、その程度となっています。 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

働く準備の手間

すっかり春めいて庭の梨のつぼみが膨らみ、今年も桜に似た真っ白な花やほんのりと甘い香りが楽しめそうです。 最近、若い方の大半がスマホを使われていますが、障害者福祉の現場でも新たな出来事が生じています。これまで就職を希望され … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

就労準備とAI機械学習

桜がちらほら卒業式を迎えるこの時期に、多くの方が期待をもって社会に出られます。私の時代の学校では就職先を紹介する程度の支援でしたが、近年は履歴書の書き方や面接の受け方なども教えているとお聞きしました。これを最近の学生が社 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

夢をひろげる

この時期になると20年前に闘病していたころを思い出します。生きることの可能性と向き合っていたので、将来のことなど考える余裕もなくなり、今日と明日のことのみを意識して生活していました。庭を眺めても葉を落とした木々が見えるだ … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment