Category Archives: 障がい福祉の現場報告

自己判断

新型コロナウィルスの感染者が世界中で日々増え、政府も小中高学校の一斉休校を発表され、また大規模な集会やイベントの自粛も呼び掛けています。連動して特別措置法が制定されて急速な拡大を防止するために、行政権限を強化することも進 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉の間

春間近かですが、新型コロナウィルスの報道があふれています。感染すると体内で遺伝子に対応してコピーをつくり自然に増殖するとのことで、検査法や治療法がまだ確定されていない状況です。奈良県での感染者は少ないので市中感染の様相で … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

新・学び方

新型コロナウィルスの感染報道が過熱していますが、まだまだ病原菌の実態が解明されていないようで、適切な治療法も示されていません。多くの方が不安を抱いたまま日々の暮らしをしています。発熱から肺炎を併発するとのことなので高齢者 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

常識の壁

例年なら大寒のこの時期は1年で最も寒いのですが、今年は暖かくてすでに菜の花が黄色く咲き始め、ブロッコリーの枝芽も硬くなり始めています。暖冬は高齢者には過ごしやすいのですが、季節のサイクルを考えると、この先なにが起こるのか … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

新・習慣

奈良も穏やかなお正月を迎えることになりました。元旦の午前は恒例ですが妻と奈良のホテルから浮見堂を眺めながら、ケーキセットを楽しみました。奈良町は相変わらず初詣の観光客で賑わい、餅つき店の前は人だかりになっていました。 元 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment