Category Archives: 障がい福祉の現場報告

新・価値

6月上旬に奈良では例年と同じように田植えがはじまります。冬に数回土お越しをした田んぼに近くの溜池から水が注ぎこまれます。最近は機械で田植えをするので事前に田んぼの土をフラットにして、苗が水から均等に頭を出せるように植えて … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

未来の保証

新型コロナの感染拡大がようやく一段落し、奈良でも新規の感染者が少なくなってきました。専門家によると第2波の感染拡大が予測されるので、まだまだ警戒が必要とのことです。世界では日本の対策がPCRの検査数も少なく、また感染者や … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

新・信頼

このところ新型コロナ対策で成果が出てきていますが、専門家からはその大きな理由が国民性にあるとの指摘があります。日本人は日頃から手洗いやうがい、マスクの着用などに心がけているので、それが諸外国と大きな違いがあるとのことです … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

大局的に

連日新型コロナの状況が報道されています。奈良も29日現在感染者数が80人を超えてしまいました。まだ感染経路が特定できる状況がかろうじて維持されていますが、PCR検査を全県民に実施すればどのような結果になるのか想像するだけ … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

ネットとリアル

奈良県は新型コロナウィルスの感染者が50名を超えました。都会では医療機関が発熱やPCR検査の依頼等が殺到して対応に苦慮しており、また感染予防に不可欠な防護服、マスクや消毒液などが不足しているとの報道もあります。政府の緊急 … Continue reading

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment