色とりどりの1年

昨年7月に人に優しい職場空間を求めた木造福祉ビルFellow ship centerの竣工式をさせていただいて、早いもので1年が経過しました。その節には多くの皆さんにお祝いのお言葉やお気持ちをいただいたことを改めてお礼申し上げます。
1年が経過した木造ビルは、日々、多彩な表情をしてくれています、心ばかりの屋上庭園の木々は大きく枝を伸ばしています、また外観に貼り揃えた檜の板は四季の陽光が当たり少し濃さを加えよい色合いになってきました。また内装の杉の赤目板は芳醇な香りを振りまきながら色白になってきています。
木の建築物の良さなのでしょうね、日々の光や雨風、温度などの自然の刺激を無理せずに上手に受け入れているようで、寒ければ寒いなりに、暑くなればそのように、私たちに快適な空間を用意してくれています。
5階建てビルの5階フロアーは、皆さんにお使いいただけるセミナースペースでこの1年で多くの方にご利用いただきました。福祉関係はもとより、建築関係、環境団体、起業セミナーなども行われてきました。中でも東北の震災被災者の方にお越しいただた絵画展は、障害のある方がその目で惨状を見据えた作品を木の空間にイーゼルを立て展示することで、多くの広がりを与えてくれた印象をいただきました、感謝です。
1階の食堂はもう大変なことになっています、地元の食材を使ったランチメニューは素朴な味わいを醸し出して連日用意したものがなくなるほどの盛況をいただいています。夜は夜で居酒屋に変身し、いつの間に集めたのでしょうか、奈良の貴重な地酒たちが地元の皆様に人気をいただいています。お酒の発祥地、奈良の生酒が70種類ほど、色とりどりのラベルを付けた一升瓶たちが冷蔵庫に鎮座しています。暑い夏に辛口でフルーティーな冷酒はやみつきになってきます、お猪口よりもワイングラスで似合う一杯になり、女性の方がお一人でも楽しく過ごせる空間になりました。夜が更けるとおしゃべりと音楽、それから名物・・職員がさらに場を盛り上げています。ここでは数人の障害のある方が働いています、調理、接客、片付け、献立、仕入れ、会計などすべてを段取りよく進めてくれています。
歳月がいつのまにか建物と人を調和させ、交じり合う人たちの話し方や振る舞いも自然になり時間も穏やかに流れているように思えてきます。木の空間が導いてくれるままに、素直に生きる、これがいいようです。

This entry was posted in 障がい福祉の現場報告. Bookmark the permalink.