福祉の拡大

10月は秋晴れの青空が続いているはずなのですが、今年は連日雨、雨です、3週連続して土日が雨になりましたので、今年は多くの田んぼで相当に黄ばんだ稲が雨に濡れながら立っています、収穫が遅れるとお米は大きくなりすぎて乳白の表面が柔らかくなってしまいます。私の畑もぬかるみがひどくて、冬野菜がようやく育ってきたのですが、虫の駆除もできないままに白菜の葉が網戸のように見事に食べられています。しかたなく、虫も喜ぶおいしい野菜ができている・・などと苦笑しつつ雨空を恨めしく眺めています。
先日、衆議院選挙があり候補者が社会保障制度の充実を唱えていました、障害者福祉は、老人福祉や児童福祉と並んで国の大きな制度であり、年間約2兆円の予算が割り当てられ、障害者の生活、社会性、就職活動等に活用されています。ですから利用できる方は障害児・者に限定され、年齢も概ねゼロ歳児から65歳までと幅広くなります。他の制度と少し違う点は、障害者福祉は人生の多くのことに関わる世代の方や日常の課題に取り組むために利用されますので、施設側も十分に対応する準備が求められます。新制度が始まって10年が経ち、徐々に障害者福祉の施設が機能的に向上していることを実感しています。
最近になって、社会的弱者や困難者への支援の仕組みづくりや障害者福祉制度の利用についての検討が始まりました。現状では、生活や就職に困難さを感じている人たちはたくさんおられます。例えば、失業されている方、一人親で子育てと仕事の両立に苦慮されている方、病気で働くことができない方、引きこもりニートと評される方、罪を犯して社会復帰を目指している方、外国から来ている方などがおられます。何らかの理由で社会人として「普通」に暮らしていくことが大変な方にとって、ご自身の努力や頑張りだけでは改善が難しいこともあります。
人生の困難な時の救いの制度としても「障害者福祉」の役割はあるので、障害者以外で困難さを感じている方が利用することの必要を感じています。制度の改正以降に施設が提供できるサービスが充実してきたことで、彼らを受け入れることや共に頑張れる環境を作り出すことも可能になってきています。これを実施することについて、現状では諸所の課題はありますが、福祉が幅広な気持をもつこと、制度を横断的に拡大すること、そして障害者が健常者を支援する視点を持つことで新たな時代の役割が期待できます。

This entry was posted in 障がい福祉の現場報告. Bookmark the permalink.