投票から

先週、参議院議員選挙の結果が出て、与党支持の民意が示されました。前回から選挙権が18歳に引き下げられたのですが、投票集計から10代の投票率が3割強とのことでした。また全体の投票率も5割を割り込み、低い結果になりました。よく誰がなっても変わらない・・との意見がありますが、たとえ投票する候補者がいなくても、極端に言えば「白票」でも投票することに何がしかの意味があると思っています。
そんな選挙でしたが、れいわ新選組がSNSを最大限に活用して、若い方などに街頭演説会に参加するように促していました。結果的に多くの支持を得て2名の方が当選されました。お二人とも重度の障害がある方なので、従来の議会の環境では議員活動に支障が出るとのことで、急遽、議場のバリアフリー化や電動車いすのスペースを確保する工事がされていると知りました。
障害者福祉では、“制度を決めるときには、当事者である障害者を排除して決めないでください。“との思いがあります。日本が国連の障害者権利条約を批准して、ようやく障害者差別解消法などが制定されて、障害者の意思が反映されたかたちで、配慮のある職場や公共施設などの環境整備が始まりました。
私も20年前に障害者になったことで、以前ならば見逃していたことが気になるようになりました。例えば、駅の改札からホームまでの小さな段差が、歩行に困難がある方の視点では、これを簡単に超えることが難しいことが分かるようになりました。また、職場の蛍光灯のフリッカーやお店の騒音やエアコンの音が気になる方がいることも知りました。その対策として、職場でサングラスをかけることや、イヤホンをして働くことができるようにもなりました。
今回の選挙で舩後さんと木村さんが当選されました。これまで重度の障害のある方が初当選されることはなかったことですが、これを機会に、彼らが日頃から思っていることを法律や制度として具体化するために尽力されることを期待しています。
有権者が投票に行くことは、“一票”で変わることなどない・・との思いから、“一票”の重みを大切にすることで、そこから新たな制度が生まれことがある、そのような可能性の輪を広げていくことも大切なことだと感じています。

This entry was posted in 障がい福祉の現場報告. Bookmark the permalink.