災害から

大型台風が首都圏を直撃してからすでに10日が経過しました。千葉県ではまだまだ被害の全貌も分からず、ライフラインの復旧も大幅に遅れています。ニュースによると停電の長期化で養殖の伊勢エビやアワビが死滅したことや名産で収穫期を迎えていた梨や落花生にも大きな被害がでて、例年を大幅に下回る出荷になるとのことです。一方障害者施設でも、アイスクリーム製品を製造している施設では、停電で温度管理ができなくなったとの報告があり、また胡蝶蘭などを生産している施設では、エアコンが使えなくなり、これもおおきな打撃を被ったとのことです。
このところ地震や台風などで九州や中国地方で大きな災害が出たとの報道がありますが、まさか首都圏でこのような大規模災害があり、しかも復旧が長期化することは想定されていなかったように感じています。最近よく聞かれる「想定外」の出来事が頻繁に起こることにどのような対策を講じればいいのか悩むところです。
もし奈良でこのような事態が生じたときに、自家発電の設備はどうなっているのか、水道が止まった時に飲み水や生活用水はどうすればいいか、屋根が破壊された家屋で修理できるまでどのような暮らしができるのか、また病気によっては日々の治療が必要な方もいるので、医療機関の復旧までどのように対応すればいいのかと事前に想定することは多々あります。ぷろぼのでは新大宮本部に数トンの生活用水を備蓄していますが、発電装置やその他の食料品や衣料、寝具はまったく足らないのが現状です。
また、我が家でも災害対策としては、少しの飲料水と缶詰などの備蓄しかしていないのが現状です。仮に電気と水道が止まり、屋根がなくなる被害があるとたちまち大混乱になります。人は自然に対して無力であることは十分にわかっていても、いつのまにか科学技術を過信し、公共工事などの対策があればどうにかなるとの期待を抱いてしまいます。“私だけは大丈夫”との神話を意味もなく妄信しています。
福祉施設は災害時の一時避難施設の役割を担っています。障害がある方が一時的に非難し過ごすことができる場に指定されています。それでも制度として備蓄品の量や設備環境に詳細な規定はないので、自主基準を定めて対策を講じるしかありません。ただ私どもだけでできることなど知れていますので、このような機会から地域の福祉施設との連携を日ごろからしておくことで災害時に迅速な対応ができると考え準備を進めていきます。

This entry was posted in 障がい福祉の現場報告. Bookmark the permalink.