福祉の積み重ね

奈良は正倉院展が終わり、金色に包装されたポインセチアの赤が年の瀬の慌ただしさを伝えてくれています。数年前まで奈良の夜は店じまいが早いと言われていましたが、今では多言語の方たちが訪れるようになり夜遅くまで商店街も賑わっています。
障害者の就労支援もこの時期から来春に向けて忙しくなります。利用される皆様の気持ちが前向きになり、日々訓練を受けて成長した自分を見つめる良い機会になります。それぞれに得意な分野を探し出し、就職先を絞り込むようになるので、一段と頼もしくなり、その度に障害者福祉に関わることの感激を覚えています。
最近、障害福祉への思いや支援の仕組みを多方面でお話する機会をいただくようになりました。その効果もあり、多くの方が施設に見学にお越しいただくようになりました。一般就労を目指す就労移行事業では訓練プログラムの内容や期待する成果を体系的に説明し、また実業務で働くことを実感できる就労継続事業では、農業や製造業などの既存の業務から、パソコンを活用したデータ入力や制作及び未来型の遠隔ロボット制御やAIを活用した福祉支援など新たな仕事も紹介しています。
このような活動が循環して、全国の福祉関係者から講演依頼をいただき、6月から東京、大阪、名古屋、広島、宮崎にお招きいただきました。また11月16日、17日は「全Aネット就労支援フォーラム」で仙台にお伺いして“健全なA型事業を目指して”をテーマに、福祉事業の現状と未来図とそれを担う職員の育成法について講演をさせていただきました。
15年前に障害者福祉に出会い、奈良県内の福祉施設を見学させていただいき、障害者の位置づけがあまりにも受け身で画一的あることに疑問を感じて、私のようなものでも何かお役に立つことがあるかもしれないとの思いで始めた福祉事業が、年月と共に体系的にまとまりを持つようになりました。そこで得た小さな知識や経験を積み重ねてきたことが皆様にお話しできるものに育ってきたと実感しています。
今までの福祉支援の積み重ねにより、新たにテレワーク就労やアバター就労として本格的に始めることができました。日々の活動がさらに未来の福祉の可能性を広げることになります。これからも皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

This entry was posted in 障がい福祉の現場報告. Bookmark the permalink.