ネットとリアル

奈良県は新型コロナウィルスの感染者が50名を超えました。都会では医療機関が発熱やPCR検査の依頼等が殺到して対応に苦慮しており、また感染予防に不可欠な防護服、マスクや消毒液などが不足しているとの報道もあります。政府の緊急事態宣言の発令後に奈良県も大阪や兵庫から通勤される方の自粛要請が出されましたので、ぷろぼのでも大阪在住の職員は、業務を調整してできるだけ在宅勤務をするようにしています。また利用者からも近隣地域で感染者が出たことから公共交通機関の利用を心配される方もおられます。厚労省等からも障害者福祉施設の運営について、いくつかの通達がきていますので、今後の感染状況を見ながら細やかな対応をしていきます。
このような状況でも就職に向けて多くの方が日々の訓練に取り組まれています。希望される職種や企業に就くことを目標に、ビジネスマナーの習得やPC操作やタイピング、また作業系や農業などの技能の習得を目指しています。福祉は地域の安心・安全を維持する役割があり、医療機関と同様に地域資源になりますので、状況が緊迫してもできるだけ開所して、障害者支援を継続する準備をしています。また通所ができなくなっても在宅訓練ができるように、利用者の自宅のWifiの契約、PCの所有、スマホの活用などを再度確認して、オンラインでの支援ができる体制を進めています。
近年、企業や教育機関ではICTが幅広く活用されていますので、ぷろぼのも1年前から障害者のテレワーク支援を進めてきました。主に障害により移動が困難な方、公共交通機関で多くの方と接することが気になる方、また慣れた生活環境で仕事と休息を安定して取りたい方などが利用しています。
通所と在宅を併用する取り組みは、時間管理や運動などの日常の生活リズムを維持することが大切になります。新型コロナの拡大が終息するまでの間は、通所のみを希望している方も在宅で訓練することになります。当初は戸惑われると思いますので、馴れるために今の時点で体験を進めています。事業所では、訓練中も人の動きを感じることや他の方の話声が聞こえてきますが、オンラインでは課題に集中するのみになり、静かな環境になりますので、オンラインアプリのグループ表示機能をonにして、画面から話し声や他の方の表情を見ることができるようにして、孤独感を少なくし通所のように連帯している雰囲気を作っています。ネットはリアルな対面ではないので、十分ではありませんが人が持つ「幅広い感覚」に期待して、日常を感じてくれる場づくりを意識しています。

This entry was posted in 障がい福祉の現場報告. Bookmark the permalink.