ぷろぼのくまの

インフルエンザが猛威を振るっており、職員や利用者から感染の報告がきています。皆様お気を付けてください。
私は、20年前に喉頭がんで声を失い、仕事も整理し生きることの希望もなくなり、病気と闘いながら、2年後に未来を見つめるきっかけを求めて紀伊半島を旅しました。そこで太地町の海を眺めながら、ふと購入した新聞にIターン夫婦が自作の木造の家を建て、自然栽培で蕎麦や菜の花を栽培している記事があったので、熊野川町に訪ねていきました。その方と友人になり、共に人生を語り、自然に沿って素朴な生き方をすることを教えられました。その後、廃校になった小学校をお借りして、NPO活動を始め、都会から多くの若者が訪れるようになり、その中に今回、「NPO法人ぷろぼのくまの」を設立した柴田君がいました。
彼は、2年前から障害者や生きにくさを感じている若者たちに、何かできることがないかとの思いが強くなり、定期的に奈良のぷろぼのに来るようになりました。都度、障害児・者の就労支援の現場で多くのことを学び、今回、熊野に適したプログラムを作り、3月から本格的に福祉事業を始めることになりました。
新宮市の商店街に皆さんの理解と協力をいただいて部屋をお借りし、これから手作りの福祉事業所づくりが始まります。先日、開設記念のシンポジウムが企画されましたので、私も職員と共に応援とお祝いに伺いました。会場には福祉、医療、教育、行政や当事者や家族の方が150人ほどお越しになり、とても熱心で切実な質問が出されました。私どもも、これまでの知識や経験から、お役に立てることができればとの思いで、意見を述べさせていただきました。
引きこもりの本人や家族への対応、障害があるけれど将来の可能性を高めるために早期の訓練を受けたほうがいいかどうか、発達障害の症状や留意点について、また熊野地域の福祉インフラの充実についての意見も多く出ました。これらのご意見や思いを「NPO法人ぷろぼのくまの」が共に考え、協働していくことになることを期待しています。これから熊野で新たな福祉事業が始める可能性を感じた会になりました。
出会ったときは大学生だった若者が10年の時を経て、私と同じ福祉分野に参入してくれたことを感謝し、人生の不思議さを感じ、さらに彼が多くの方のご理解と協力をいただいて熊野のために大きく羽ばたくことを楽しみにしています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

はじまりの新

新年になりました、奈良は穏やかな正月3が日でした、元日は恒例になりましたが妻と共に奈良ホテルに伺い、奈良公園の木々を眺めながらケーキセットをいただきました。このところ奈良も観光客が増えてきましたので、奈良町のお店で正月の賑わいを堪能しました。
ぷろぼのは4日から事業を始めていますが、今年は曜日の関係で長期の休暇を取っている職員も多いので、実質は7日の月曜日からになりました。今年は福祉の現場の業務に多くの時間を使おうと思っています。障害福祉の就労支援の楽しさは現場にあります。利用された当初は毎日訓練に来ることが大変な方たちが、徐々に利用日が増えて、週に5日、一日6時間の訓練が受けられるようになってきます。表情が豊かになる彼らが素晴らしく、ひた向きに努力する姿勢は頼もしく、私のようなものでも大いなる刺激と感銘をいただきます。
ぷろぼのを卒業して就職される方の大半は週に5日の通所ができる方です。また3日までの利用の方は就職できる可能性が低くなります。障害特性などで本人が努力してもフルに利用することが難しい方もおられます。現在の就職制度は週に20時間以上の勤務ができることであり、定められた時間や指定された場所や業務に就き、礼儀や挨拶、会話力などの社会性を加味して就職の可能性がある方との評価になります。
一方、この基準に沿わない方もおられます、短時間の就労でしかも通勤が難しいので働く場は自宅に、またできる業務のみの就労になる方です。ALSや重度の身体障害の方、難病やがんなどで通院しながらの方、自閉症などで引きこもりがちの方、まだまだ現状の就職基準には該当しない方は多くおられます。
障害者の就労支援が始まり、ハローワークから就職される方が増えたことで飛躍的に障害者の就職数は増えました。同時に重度の障害があっても“はたらくこと”が生きるために大切なことであるとの認識も広がってきています。以前のように“障害者を働かせるなんて酷なことをするものだ”との風潮は薄くなりました。彼らが働くことができる可能性を高めることが福祉が担うべき取り組みだとの思い、以前から準備していましたテレワークによる、在宅や近くのサテライトオフィスでの訓練や就職支援をすることにしました。近隣の行政も好意的な対応を示してくれていますので、多様なはたらき方の実現に取り組んでいきます。今年もよろしくお願いします。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉の役割

今年最後のブログになりました、月に2回のペースでブログを書かせていただいて、早いものでもう6年になりました。この間にも障害者の就労支援は大きく変わりました。以前はまだ“障害者を働かせるのはかわいそう・・”などの意見もありましたが、最近では、障害者も就職して企業の戦力になって活躍することが当然のようになりました。“できない”と決めつけるのではなく、できることを見つけ出し、繰り返し取り組み、また冶具などの工夫をすることで容易に仕事を担うことができるようになりました。
3年前には障害者差別解消法が制定されて、地域や職場でも障害者に配慮した設備やサービスが準備されるようになりました。これにより多くの働く障害者が恩恵をうけることができ、あきらめていた“普通に生きること”を実践されている方も増えてきました。
そのようなときに、中央官庁で障害者雇用数の水増しが発表になり、第三者委員会の調査結果では、恣意的な行為と断定されました。奈良県でも同じようなことがありましたが、これからは、採用についても、また職場環境においても合理的な配慮がなされることを期待したいものです。
障害者雇用促進法で企業や団体は障害者を一定の割合で雇用することが義務付けられています。民間企業は総従業員数に対して、2.2%とされています。奈良県は2年連続で障害者雇用率が全国一位になりましたが、それでもいくつかの課題は残りました。
特に養護学校の卒業生の就職についてですが、就職することは良いことなのですが、18歳の障害のある若者がいきなり洗練された企業に採用され、新たな職場になじみ、業務を理解し、日々ルールに従って働くことがはたして可能かどうかです。さらに本来であれば就職後、長期に福祉支援が必要なのですが、制度の問題なのですが、福祉サービス制度を利用していない方は、その後の定着支援制度を受けることができなくなっています。無事に職場で継続して働いてくれることを期待するのですが、それでも早期に退職された方は、自己申告しなければ、養護学校の進路支援からも就業生活支援センターからもサポートを受けることができない仕組みになっています。障害のない方の8割以上が大学及び専門学校に進学しているのに、なぜか養護学校の高等部の卒業生には就職を進めるケースが増えているのか疑問も残ります。教育と福祉の連携ができれば、就職前でもまた就職後でも福祉支援を受けることができるので、安心して働くことができるようになります。
また、ハローワークから直接就職される方も同様に福祉の支援を受けることができなくなります。障害のない方が社会人として自己責任で働き暮らしているのですから、障害があっても自己責任で生きることに支障はないのですが、将来を想定してもう少し社会資源である福祉を有効に活用することも考慮されることを願います。
今年もブログをお読みいただき感謝いたします。暮れからお正月と寒さが続きますのでお体に気を付けてお過ごしください、ありがとうございました。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

今年を振り返る

もう12月、残りも半月になりました、今年も印象に残ることに思いを巡らせていきます。2月に冬季オリンピックがあり、女子カーリングの活躍と“そだね~”が話題になり、またハーフパイプなど新たな種目も増えました。6月にはサッカーワールドカップで日本チームがタイトな予選リーグを突破する快挙があり応援していました。猛暑の夏は耐えに耐えて、どうにか秋を迎えると、いきなり肺炎で入院し、回復して起き上がるともう冬になっていました。なんとも慌ただしく四季の移り変わりを楽しむこともできないままの一年になりました。
新大宮事業所の福祉ビルの一階に「ぷろぼの食堂」があります。平日の月曜日から金曜日にランチを提供し、夜は火曜日から土曜日に居酒屋を営業しています。地域の方がふらっと立ち寄っていただけるそんな食堂になっています。お料理は障害のある方たちがメニュー作りから、材料の仕入れ、調理、配膳、会計、清掃まですべて担当しています。特にランチメニューは日替わりなので相当に工夫して、喜んで頂けるお料理になっています。また夜の居酒屋は驚きばかりで、奈良の地酒で無濾過のフルーティなお酒が150種も揃っていて、いまの時代のお・さ・けを味わうことができます。食堂の冷蔵庫はすでに一升瓶で満杯、夜のスタッフもお酒の種類や特徴をすべて憶えてスムーズに対応しており、常連さんと共に盛り上がっています。
8月にはこの食堂で、「夏休みこども食堂」を実施しました、大勢の子どもたちがあふれる笑顔で、ランチや3種類の名物カレーの大盛りを食べてくれました。週に2回、特にお母さんがお忙しい曜日を選んで行いました。また秋以降はマタニティやママさん向けに少し広めの食堂でベビーカーを横に置いて食事やお茶を楽しむ取り組みもしています。これらは地域協議会の皆様の協力をいただいていますので、これからも定期的に実施したいと計画しています。
福祉は地域の方との交流や連携による日常的な活動があります。もう10年近くシニア団体の方と連携して、“初心者向けのパソコン教室”を開催し、メールの使い方やWebで趣味の調べ事などに活用されているようです。また花壇の世話や身近な道路のごみ拾いなどきれいなまちづくりにも取り組み、今年も就労支援サービス事業と共に地域活動をさせていただいています。これからもよろしくお願いします。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉の魅力

早いもので来週は12月、奈良公園の紅葉も今が見ごろで徐々に落葉していき、今年も“おん祭り”を待つだけになりました。奈良が発祥のものとして、清酒、能楽など多々ありますが、福祉の行いも1300年前の平城京の時期に地元の寺社から始まったと伝えられています。その当時の寺社は、教育や医療、また日々の暮らしを支援する福祉の役割を担っていたようです。
現代では、福祉の役割もさらに多様になりました。その中で障害者の暮らし方が変わってきて、障害者も地域社会で自立した生活をすることになり、特に働くことで経済的にも自立できる可能性を求める取り組みなりました。福祉の就労支援の取り組みは、主に社会に出るための準備プログラムになります。会社など組織に通勤して皆さんと一緒に働くには、集団のルールを知り、守ることが求められ、それを「社会性」とされています。
まだまだ障害の有無にかかわらず、働くことの目的は“お金を得ること”のみと思われている方がおられます。これも大切なことですが、日々、職場で多くの方と出会うことで、新たな考えや取り組みを経験する機会を得ることになり、それを繰り返すことで徐々に「社会性」が身についてきます。働くことは、他人と出会い、話をすることで得ることがたくさんあり、自分を育ててくれることにもなります。
その準備のために福祉の就労支援サービス事業があります。直接働く技を習得することも大切ですが、長く継続して働くためには、どうしても他人の理解や協力が必要になります。よい印象を他人に持ってもらうことで予想を超えて関係が広がることはよくあり、“想定外”のメリットになります。そのような機会と訓練の場を提供し、職員が伴走して準備を進めることで将来の可能性と安心感を具体化することができるようになります。
最近は4人に3人の方が大学に進学されます。そこには将来の可能性を広げ、安心を担保したい目的があり、進学で得られるであろうことに思いを巡らせる機会になります。新たな分野の知識や経験から、時には資格を得て社会で活躍し、貢献できる技能を習得することもあります。それと同じように、現代の福祉は従来の介護や支援を受けることから、地域で働き暮らすことを共に学ぶ場になっています。社会で生きる技を知り、それでも自分のペースを大切にして学ぶスタイルを福祉は取り組んでいます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment