福祉のしごと

奈良の空が青く、水菜、大根、白菜、かぶの芽が元気に出てきました、先週頑張って種をまいた冬野菜はこれからですが、今年はゲリラ豪雨が発芽したばかりの畝を容赦なく打ち荒らしていきます。またそれに加えて秋の虫がぞろぞろと土から空からやってきて、若芽を食べ散らかします。例年のことですが9月は自然とのちょっとした闘い・・があります。
福祉もこの時期は来年卒業予定の方の採用を進めています、すでに3名の方に内定をだしました、私も最終面接に参加しましたが、しっかりした若者が実にてきぱきと対応する姿を見て、“最近の若者はしっかりしすぎている”とさえ思ってしまいます。ぷろぼので働くことを希望される方は、主に人と交わり障害福祉に取り組むこと、IT系の技能を活用した仕事をすることなどがありますが、“奈良ではたらくこと”の意義もあります。この言葉の響きがなぜか多様な可能性を広げてくれます。地元出身者はもとより、奈良にやってくる「風の民」にもこの地に新たな力を注いでくれることを期待します。
今の障害福祉は大きく変わりました、私が始めた12年前は、“障害者を働かせるか・・”と苦言をされる方もいましたが、今は福祉制度と共に障害をお持ちの方の意識も変わってきました。障害福祉のテーマは「自立」ですが、はたらいて自分の力で生きることが当然と思う方が増えてきました、意外なのはご両親などが少し消極的なお考えをお持ちになっているようで、我が子の可能性を低く評価しているときもあります。
障害福祉の役割は、成人になれば働いて自立することが当然である、との思いを実現してもらうために支援することです。生活面で苦手なことがあれば、自分でできるように、社会性で不自由を感じることがあれば、礼儀作法、会話力、常識的なことができるように支えていきます。障害福祉は「手助け、ヘルプ」と共に「自分でできるようになる、コーチング」が主な業務になります。代わりにやってあげるのではなく、ご自分でできるようになることが目的なのです。
職員の採用時や研修では、障害福祉で大切なことをお伝えしています、①福祉のこころを学ぶこと、②就労の現場を知ること、③IT情報の活用法を習得すること、④一般教養を高めることになります。これらすべてが日々の生活でコツコツと学ぶことばかりなのです。福祉ではたらくことは、生活そのものなのです。障害をお持ちの方を支援すると共に、ご自身を社会人として成長させてくれることにも意義があります。職員が成長することで福祉もよくなるのです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

社会性と福祉

暑さが続く早朝に、まだまだ元気だと体に言い聞かせながら、秋野菜の畝づくりをし、滝のような汗に少し満足して草むらに腰かけると、赤とんぼが近づいてきて、奈良の秋を感じることができました。このところ若い人たちが土に触れ、自然に接することが少なくなり、昆虫が怖い、嫌いと言われるのですが、昆虫もよく見れば可愛いものです。多分、彼らからは人間が怖い存在になるのかもしれません。
新たに障害のある大学生について取り組みを始めました。大学生の2%以上に障害が見られるとの報告があり、文科省も3年前に全国の大学に障害のある学生に対する相談や支援を行う部門を作るように通知を出しました。奈良でも国公立、私立大学では、相談センターの開設が進んでいます。相談に来られる学生の傾向をお聞きすると、身体障害で車いすの方や難聴や視覚障害の方の報告とともに、精神疾患や発達障害など目に見えない障害の方も増えているとのことです。相談員が学生本人や家族からの相談に応じていますが、症状や思いが多様なので個別に細やかな伴走型の支援が求められるとのことです。
今の時代は、障害が疑われる学生でも、“大学生になれたので障害があるはずがない”との社会通念があるので、なかなか本人も家族も率直に障害を受け入れることができないのが現状です。相談に来られた方すべてに障害があるのではなく、一時的に症状がでることや思い過ごしのこともあるので、新入生で地方から来て生活環境が変わった方や就職活動を始める学年になって違和感を感じたときに、相談に行ってみるのも大切なことだと思います。支援内容は相談、障害の症状や程度診断、具体的な対処法の提示などになります。
大学生も成長の過程で個人差がでることは当然なのですが、誰もが自然に習得する「社会性」について、相当な差を感じることが多くなった印象を持っています。理由としては思春期に勉強中心の生活をすることで、対人性やマナー、会話力、他人を思いやる心などの成長の機会が少ないことも原因のようです。
核家族化や地域の絆が弱くなった現代において、社会人に必要な知識や技能を有用するためには、日常のちょっとしたことに気を配るなど、社会性を習得することの大切さを再認識する時期に来ているとともにそれを担う福祉の役割の大切さを痛感しています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

色とりどりの1年

昨年7月に人に優しい職場空間を求めた木造福祉ビルFellow ship centerの竣工式をさせていただいて、早いもので1年が経過しました。その節には多くの皆さんにお祝いのお言葉やお気持ちをいただいたことを改めてお礼申し上げます。
1年が経過した木造ビルは、日々、多彩な表情をしてくれています、心ばかりの屋上庭園の木々は大きく枝を伸ばしています、また外観に貼り揃えた檜の板は四季の陽光が当たり少し濃さを加えよい色合いになってきました。また内装の杉の赤目板は芳醇な香りを振りまきながら色白になってきています。
木の建築物の良さなのでしょうね、日々の光や雨風、温度などの自然の刺激を無理せずに上手に受け入れているようで、寒ければ寒いなりに、暑くなればそのように、私たちに快適な空間を用意してくれています。
5階建てビルの5階フロアーは、皆さんにお使いいただけるセミナースペースでこの1年で多くの方にご利用いただきました。福祉関係はもとより、建築関係、環境団体、起業セミナーなども行われてきました。中でも東北の震災被災者の方にお越しいただた絵画展は、障害のある方がその目で惨状を見据えた作品を木の空間にイーゼルを立て展示することで、多くの広がりを与えてくれた印象をいただきました、感謝です。
1階の食堂はもう大変なことになっています、地元の食材を使ったランチメニューは素朴な味わいを醸し出して連日用意したものがなくなるほどの盛況をいただいています。夜は夜で居酒屋に変身し、いつの間に集めたのでしょうか、奈良の貴重な地酒たちが地元の皆様に人気をいただいています。お酒の発祥地、奈良の生酒が70種類ほど、色とりどりのラベルを付けた一升瓶たちが冷蔵庫に鎮座しています。暑い夏に辛口でフルーティーな冷酒はやみつきになってきます、お猪口よりもワイングラスで似合う一杯になり、女性の方がお一人でも楽しく過ごせる空間になりました。夜が更けるとおしゃべりと音楽、それから名物・・職員がさらに場を盛り上げています。ここでは数人の障害のある方が働いています、調理、接客、片付け、献立、仕入れ、会計などすべてを段取りよく進めてくれています。
歳月がいつのまにか建物と人を調和させ、交じり合う人たちの話し方や振る舞いも自然になり時間も穏やかに流れているように思えてきます。木の空間が導いてくれるままに、素直に生きる、これがいいようです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

「福祉」とビジネス手法

先週、岡山県倉敷市で手広く障害者の就労を支援する福祉サービスの就労継続支援A型事業(福祉A型事業)を行っている一般社団法人が、突然に今月末で事業所を閉鎖して、そこで働いている220人の障害者を解雇するとの予告を発表しました。報道によると、この法人が運営する5事業所は当初より就労事業は赤字であり、国から給付される公費を頼りに運営していたとのことです。
この福祉A型事業制度は、2本立てになっていて、①就労支援事業として、仕事をして収益を得て給与を支給する事業と、②福祉支援事業として、障害者が働くうえで必要な生活面や社会性についての対応や障害についての認識や職場での配慮事項の取り決めを行う福祉的な事業があります。事業所には利用定員に応じて福祉的な専門性を有する職員を配置することになっており、その職員のために公費が支払われています。
今回、問題になっている点は、①の就労事業での収益が赤字であることです。仕事は農業や漁業ネットの補修などの軽作業のようで、事業自体に最低賃金以上の収益性が見込まれない廉価な仕事しか準備できなかったことにあります。
就労支援事業が赤字なのに“なぜ”これまで事業を継続できたのかは、②の福祉支援事業を担当する福祉職員のために支払われている公費を就労支援事業に転用したことにあります。本年1月に厚労省から福祉A型事業所に対して、①の就労支援事業は独立採算会計を指導しており、②の公費を①に転用してはいけないと具体的な事例を引用して通達が出ています。
本来、福祉A型事業は、障害者が一般企業での就労が難しく、福祉的な支援があれば一般の方と同等の生産性を上げることができる、そのような方に働く場を提供することが主旨になっています。また将来、企業の環境が整備されることがあれば、一般就労ができるように日々、実践の仕事を通じて職業能力を向上させる取り組みをすることが求められています。
この数年で福祉A型事業所が全国で3,500件以上に急増した背景には、この福祉事業を悪用して利益だけを追求する事業者と“制度ビジネスを推奨するコンサル”がいることも大きな要因になっています。彼らは“儲かるからやっている、儲からないのであれば撤退する”、ここには福祉的な理念も思いもないように感じます。
障害者総合支援法は、障害者が可能であれば就労による経済的な自立を目指すためのものですが、配慮ある福祉制度が今回のような未熟なビジネス手法や行為によって、誤解を生じてしまうことを危惧しています。この機会に自治体等の公的機関と協力して福祉制度の適正な運用が推進できるように頑張っていきますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉は長い付き合い

先日来、九州をはじめ全国でゲリラ豪雨が発生しました、犠牲になられた方や被災された方にお悔やみとお見舞いを申し上げます。数年前に奈良の南部地域でも悲惨な豪雨災害がありました。気象庁はその度に観測史上初めての、予測できない事態との報告をされます。それほどに自然の力は人が計り知れない雄大さと瞬発性を持っていることを感じる機会になります。教訓から人はけっして自然に抗うことでなく、上手に付き合っていく術を学ぶべきだと感じています。
「ぷろぼの」では、このところ職員の結婚の報告が相次いでいます、11年前に法人を作り採用を始めたときから、いずれは彼らが結婚して奈良で家庭を築いてくれることを願っていました、「ぷろぼの」にとって職員の皆さんが、人生の多くの時間を一緒に歩んでくれることが最大の喜びなので、ようやくその時が来たことに感謝しています。
先日、長く奈良で会社経営をされている方から、社員の子どもさんが成人し自社の採用試験に来てくれたとの報告をお聞きしました、とてもうれしそうに話されていたことを思い出します、「ぷろぼの」も、結婚された職員のご子息が、成人しここで働ことを希望してくれることを楽しみにしたいと思います、そのためには、彼らに選んでもらえるような福祉施設になれるように頑張っていきます。
少し前の日本には「職住近接」がありました、これは自宅と職場が近いとの意味ですが、私の田舎では工場に勤めている方は数キロほどの距離を自転車で通勤していました。それがいつの間には、電車が整備され、自家用車の普及と共に「職住分離」になり、不動産の広告にも“都心に通勤1時間圏内で最適”、などの表現がされるようになり、満員電車や道路渋滞を克服して通勤するガンバル社員像がつくられました。
奈良も多くの方が大阪や京都に通勤され、郊外型住宅地になっていますが、高齢化が進むにつれて、定年後は地元で働くことを選ぶ方、育児が一段落された主婦の方や卒業した若者も地元での仕事を希望する方が増えてきました。
福祉はこのような方が快適に働くことができる職場になります、業務も介護だけでなく、就職に向けたPCの指導、コミュニケーション訓練、就職先の企業との調整、体調管理、メンタルサポート、農業指導、食堂運営など、多彩になっています。福祉は地域で最も大切な事業なので、今後もみなさんが地元の福祉で働きたいと希望してもらえるような活動を推進していきます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment