福祉と働き方改革

桜の季節になると我が家の梨のつぼみが膨らみます、数年前に真っ白い梨の花に魅せられて幸水と豊水を2株植えました。梨の花は少し大きく甘い香りがします、それが受粉に効果的で一斉に虫たちがやってくるので、秋の果実が楽しみです。
このところ「働き方改革」や「人生100年時代構想」の話題があります、これは働く方の視点で、職業の選択、労働時間の削減、成果の評価、転職の可能性を考えることで、生産性が向上するとの内容になっています。働くことで経験や技能が蓄積され、それが働く方のキャリアパスになるとの職業設計の概念について、長寿により労働年齢が長くなる今日では、再教育の機会を作るリカレント教育や企業におけるセルフ・キャリアドック思考などと合わせて必要なものになってきています。
特にセルフ・キャリアドックのように企業で働く方のキャリア支援の環境整備や実践教育訓練などが、中長期的なキャリア形成による人材育成や活用力の強化になるとのことです。働く方の主体的な学び直しによるキャリアアップやキャリアチェンジの支援、仕事と治療や子育て、介護と仕事の両立の支援、 リカレント教育の支援も含めて総合的な仕組みが求められています。
このように一般労働環境の整備が進む一方で、障害者の働くについてはまだまだ多くの課題があります。まず就職前段階の「職業教育や訓練」については、障害者総合支援法により支援制度が整備され、福祉事業所が担当しているのですが、未だに統一した職業訓練の規格ができていないので、事業所間で支援のばらつきが顕著になってきています。
次に「職業の選択」については、地域の企業環境により差が大きく出ており、都会では多業種の企業が多いことで、障害者も働く準備ができた段階で希望に応じて選択ができますが、地方都市ではそれが制限され、長時間の通勤時間に対応できる方以外は能力や思いに相応する選択ができなくなっています。
また「職業生活設計」キャリアパスについては、障害者は40才超えると働く能力が健常者と比べて大きく低下するとの報告があります。理由としては、障害者の生活支援の主体が家族にあり両親が高齢化することで生活面の支援が低下すること、職場や職種の適格性によりストレスが蓄積することの対処が弱いことなどが挙げられています。
今日、障害者差別解消法が施行され、障害者が学び働くための制度化が進み、学校や企業では合理的配慮事項がつくられ、担当者も配置され、さらに障害のない方の理解もいただくようになってきています、この時期にこそ障害者も人生100年を快適に生きるためにさらに一段上の社会的な環境づくりを急ぎたいものです。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉とPマーク

もうすぐ桜の季節、奈良も昨日から一段と暖かくなりましたので、自宅近くの佐保川岸の豪華な桜を少し早く楽しむことができそうです。福祉はいつものように事業のまとめや各種報告書の作成など、日々あわただしさが増しています。特に新年度から障害福祉制度の大幅な改定がありますので、その対応に苦慮していることころです。
近年、福祉分野でも情報の管理や活用、個人情報の保護など総合的な管理体制の整備が急がれています。ぷろぼのの次年度の目標の一つにプライバシーマーク(Pマーク)の取得があります、これを達成するために、法人内の規約の整理や支援記録など情報の流れや決済手順の明確化が必要になり、また利用者や職員等の個人情報の管理もこれまで以上に細やかな配慮が求められるようになります。また働く場の事業でもクライアントからの依頼要件に徐々に詳細で秘密性の高いものが増えてきていますので、その管理も必要になります。
これらを福祉の現場でスムーズに遂行するために、各種書類の整理からPC内データの統一、外部との連絡記録の認証と管理なども対象になります。ITやネットワーク化が進むことで業務を効率的に行える反面、かえって取り扱う項目が複雑になり、職員の業務をさらに増やすことになる懸念もありますので、簡便に活用できる仕組みや運用法を構築することが求められます。
これまで一般的な福祉施設では現場での細やかなで喫緊の対応が主になりますので、職員の机に書類やファイルが山積みになることやPC画面を表示したままで離席することがありました、また情報管理に精通した職員を配置できないことで情報管理の対応が遅れてもいます。
福祉施設は、すべての業務や管理について「善」の精神がありますので、情報の漏洩や悪用などをそもそも想定していなかったのですが、今日、SNSの普及などで個人でも情報の集約や公開ができるようになったことで、不可抗力で情報が拡散することも想定しておく必要が生じました、このような事態を防止し保護する観点からも情報の管理体制を急ぐことになりました。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉とデザイン

奈良もこのところ観光重視で3月には平城京歴史公園が新たにオープンすることになりました。観光客だけでなく住民も意識した商品やイベントが準備され、地域の新たな拠点になっていくことを期待しています。この計画づくりにブランディングやコミュニティデザイン手法が活用されています。
一昨年にデザイン振興会や東京藝術大学等が主催して地域をデザインするをテーマにdesign@communities awardが開催され、ぷろぼのから「あたつく組合の挑戦」をテーマに申請し大賞をいただきました。昨年3回の伴走型ワークショップを奈良や東京で開催して多くの方の参加と協力をいただきました。奈良におけるあたつく組合が目指す地域の姿を具体化することから検討し、「粋人シェアハウス」構想を導き出しました。これは誰もが住みやすさを追求した地域であり、個々の家にも焦点を当てたものにしました。多様な方が共に集い生活する場をイメージしたものになり、日々の細やかな運用法についても手順を示しました。
この活動の報告会が2月17日に東京六本木ミッドタウンのデザイン振興会で開催されました。あたつく組合のメンバーやデザインや地域づくりに関わる方が参加し、朝から夜までの長丁場の濃密な会になりました。ゲストには、ライゾマティクス社社長の齋藤精一さん、新潟県三条市市長の國定勇人さんや社会福祉法人わたぼうしの会の理事長播磨靖夫さんがそれぞれのお立場で地域についての報告と提案をしてくれました。
このアワードを受賞したことでとても多くの方との出会いがあり、デザインの可能性を広げる機会になりました。これまではデザイン=美の意識がありましたが、そこに「快適さ」、「幸せ」、「会話」、「食」なども加わり、対象も平面や立体だけでなく時間の要素も大切であることを改めて知ることができました。
この報告には多くの方の日々の努力と協力があり、とても充実した報告会になりましたので、是非この企画を奈良の人たちにも見てほしいと思っています。福祉の活動も視覚効果を重視して印象良く伝えることをポジティブに進めていきます

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

福祉と企業

昨今、働き方についての検討がすすんでいます、私は、働くことは人が日々を生きるための大切な行いであるとの思いで、40数年仕事をしてきました。若い頃は帰り際に上司から明朝の会議で使う資料作りを命令されたことも多々あり、それが苦痛でなく評価の機会をいただけたとの思いがありました。このところの議論は随分変わり、以前のように時間をいとわないで猛烈な働き方を支持することは少なくなり、プライベートとのバランスやダブルワークなど多様な生き方、働き方も増えてきました。
私が最初に就職した企業は年功序列、終身雇用の典型的な日本型経営スタイルでしたので、全員が新卒であり独自の企業文化が作られており、安定と共に安心して働くことができる環境でした。その頃の給与明細書には、基本給にプラスして交通費、家族手当、住宅手当、資格手当など幾多の手当てが付いており、夏冬の賞与もありました。その当時は手当や賞与があることを疑問に感じることもなく当然との思いもありましたが、外国人スタッフから自国では、職務を達成するために年収契約をしているので「手当や賞与」などはなく、それらが日本独自の制度であることを知りました。
日本企業が「手当や賞与」を支払う理由を想像してみると「従業員に対する配慮や家族意識」が根底にあると思います。例えば、夏冬の賞与の時期はお盆や正月休みで帰省するのでお土産や旅費の補填であり、通勤手当は工場などに労働者を安定して雇い入れる目的、家族手当は30から40代に家族の生活や教育費が増えることの対応であるとすると、これらが福祉的制度であると考えることもできます。働き方が検討される過程で効率論が優先することで、労使関係のよき企業文化が削がれてくることが懸念されることになります。
一方、同じ時代の日本の福祉制度ですが、ようやく戦後にはじまり、老人介護制度や障害者支援制度の実施はさらに遅れました。今後、企業が福祉的な制度を削減するようになれば、従業員の安心や安全に大きく影響することになります。働く人たちが働き方の多様性を得る反面、労使の関係性が希薄になることのデメリットがあることも認識しておく必要があります。
データによると世帯別の人数は2.47人まで下がりますます核家族化が進み、共働き世帯は1129万世帯でこの15年で18%以上増え、福祉予算である社会保障費のGDP比も22.9%まで急上昇しています。
「福祉」は私たちが生きるための安心、安全の基盤であり、家族や地域がこれを支えているのですが、これが生産人口の労働化が加速されることで、誰が家族を看るのか、子どもを育てるのは誰かについても注視しておく必要を感じています。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment

この時期の福祉

大寒、最高に寒いですね、野菜は完全に凍っていますので、これが繰り返されると徐々に枯れていきます、春には鳥にも分けることができないほど我が家の野菜不足が深刻になります。
昨日、雪を心配しながら静岡県湖西市にお伺いしました。静岡県中小企業団体中央会 西部事務所主催の「誰もが活躍できる社会を目指して」~障害者が働きやすい仕組みづくりのためのセミナー~湖西市商工会の会場で開催された講座で少し話をさせていただきました。主に地域の中小企業の方が20名ほどお越しになり、異業種が参加した福祉型事業協同組合「あたつく組合」の設立から事業内容、課題や今後の取組などになりました。湖西市は浜名湖の西部に位置し大手自動車関連企業が多くある地域で産業の活性とエネルギーが集積した地域になります。これから中央会様が主に、元気な中小企業や福祉が連携することで新しい産業を生み出す可能性を感じることもできました。
この時期は「福祉」では年度の総括と次年度の計画づくりをすることになっています。ぷろぼのでも定期的な会議に加えて拡大戦略会議を開催し各事業の担当者が一同に集まって意見交換をします。現状の認識について意見を述べ、他の部署から客観的な感想や提案をもらうことになります。数回の会議を重ねて3月下旬には大筋の計画書と予算書が作成されます。福祉活動は日々の積む重ねが少しの成果を確認できるほど根気のいる仕事なので、どうしても数字で示すことが難しいことや一面的な理論や方策では定義できないこともありますので、それらを理念や思いとしてまとめることになります。
テーマは「育てる福祉」を実現するための事業の充実化になります。近年、福祉もサービス事業に位置づけられたことで、事業や活動の見える化が求められ、一般企業への就職者数や働く障害者の給与や工賃額及び訓練や支援の成果や評価についても提示が求められます。福祉の取組について段階を追って資料としてまとめることの大切さも感じていますので、ぷろぼのは日々の訓練の成果や課題などを詳細に記録する取組をすでに5年ほど行っています。これも大切なノウハウになりますので今後の支援に役立てていくことにしています。
これからは福祉が地域の基盤としての役割を担うことになりますので、受け身の取組からポジティブ福祉へと転換し、わかりやすく、期待される存在になれるように進めていきます。

Posted in 障がい福祉の現場報告 | Leave a comment